通販ショップを始めよう。現役店長が教える開業運営きほんのきほん
a ホーム > ネットショップの仕入れ> 仕入れ関連記事 > 300点仕入れのセレクトショップから始めよう

300点仕入れのセレクトショップから始めよう

緊急朗報2019

ネットショップを開業したい。でも、何をどこから仕入れたら良いの?という方に緊急朗報です。(※2021年5月更新)

あのネット卸、ネット仕入れのトップセラー が月額0円(5点のみ仕入れ)や月額480円(300点セレクト)のプランをリリースしました!気づいた人たちは即飛びついていますね!「早いもの勝ち」感があるので、急いだほうが良いかもしれません!

※ちなみに当店は、3,000点セレクトプラン(月額たったの1480円(一応専門店なので何でもかんでも販売すると「何でも屋」になって信頼性が低下するため。))で、yahoo! syhoppingを使ってバリバリ販売中です。

さて、このネット卸の大きな特徴は3つです。

(1)仕入れ可能商品は超大量の約25万点弱
(2)在庫を抱える必要のないメーカー直送スタイル
(3)もしもドロップシッピングより利益率3倍以上!

在庫を持たなくて良いということは、つまりはパソコン1台でネットショップができてしまうということです。働き方ノマドでOK。理想ですね。 また、売れてから発注するので初期の仕入れや資金も不要。完全ノーリスクです。副業にはどんぴしゃりのやり方のひとつですね。

もくじ
1.まずは登録だ!
2.商品を探してマイ仕入れリストを作ろう!
3.ネットショップに商品を入れて販売開始!
4.始めないなんてもったいない!
5.そんなアホな!?利益率3倍以上!
6.はっきり言ってその商品選びは間違ってます。売れませんよ~new
7.販売サイト選びは「月額0円サービス」が基本だ!
8.「今これが売れました」ページの保存方法(動画)new

1.まずは登録だ!

まずはトップセラー に無料登録です。25万点以上と、想像もつかないアイテムの中から売りたい商品、あるいは売れそうな商品を探せるのは、ネット販売の楽しみのひとつ。

登録方法は簡単です。「TopSellerに登録してみる>」ボタンを押してメールアドレスを登録します。登録したメールアドレスに本登録用のリンクが届くのでそれをクリックして会員登録をしていきます。

  • トップセラー登録

本登録には住所や名前などの入力が必要ですが、ここで入力した個人情報は公開されないので安心して入力できます。変なセールス電話がかかってくることもないです。屋号がある場合は入れておきます。

情報入力画面

本登録が完了すると管理画面に入室できるようになります。

商品を探すまであと一歩です。支払方法はクレジットカードだけですが、とりあえず5点セレクトにすれば課金されることはないので安心です。好きなときにいつでもプラン変更ができます。

あと、セレクトプランに申し込む際、規約に同意するページが現れます。極めてまっとうな規約ばかりなので軽く目を通してチェックを入れて申し込みをします。

2.商品を探してマイ仕入れリストを作ろう!

セレクトプラン

無料コースの5点では、まともなネットショップができないので、普通にやるつrもりの人は300点セレクトプランがいいですね。

もちろん1000点や3000点でもOK。セレクトの幅が広がります。

プランの申し込みが完了すると、いよいよ商品を探せる状態になります。「販売サイト情報が登録されていません。」と出てますが、とりあえずは登録しなくても商品は探せます。

ネットショップをまだ持っていなくて、今すぐ始めたい方はネットショップ作成実践講座をご一読ください。すでにネットショップやブログを持っていてそこで販売する場合はサイトの登録をしておいてくださいね。

サイト登録

では、商品を探してみましょう。

それでは、さっそく商品を探してみましょう。 ちょうど家庭用のミキサーを買おうと思っていたのでキッチン家電のミキサーを探してみることにしました。

検索できるようになる

カテゴリから選ぶ

カテゴリで該当小カテゴリをチェックして検索ボタンをクリックします。今回このジャンルには50点ほどの商品が登録されていました。スクロールしながら見ているとオレンジ色のかわいい感じのミキサーが気になりました。

気になる商品発見

このように、検索結果では、それぞれの商品について、参考売価や卸値、利益、送料、そして在情報まで見ることができます。とりあえず、オレンジのミキサを販売するということで商品の詳細ページの一番下にある「この商品を採用する」をクリックしました。

仕入れリストに入れる

「採用」とは要するに仕入れリスト、あるいはマイ取扱商品リストということです。「この商品を採用する」ボタンを押した瞬間に仕入れが発生するわけではありません。

この後、ネットショップが準備できたら、この仕入れリストから商品情報を取ってネットショップに登録していくという流れになります。

3.ネットショップに商品を入れて販売開始!

とりあえず1点だけですが仕入れの準備ができました。この後はネットショップの作成です。

もちろん、作成といっても通販システムをレンタルすれば作る作業なんて必要ありません。

借りた後は、仕入れリストから商品の写真や情報などをコピペしてお店を作っていきます。

ネットショップは、できるだけ低コストで運用したい場合はカラー・ミーショップ・プロが定番ですね。

月額たったの900円で、年商何億という大型ネットショップも使っているのと同じ通販システムが借りられます。「ネットショップをソフトで作る」なんて時代遅れのことをやっている人もたまに見かけますが、ネットビジネスはスピードが命ですから。お忘れなく!

仕入れ先を確保したらドメインをとってサイト追加を必ず行ってください(→ネットショップ作成実践講座)。 これをしないことには始まりませんからね!

カラーミーの申し込みは省略しますが(メルアドだけでとりあえず申し込める)、申込直後から商品の登録をして商品ページができあがるまでの動画があるので、それを御覧ください。基本コピペなので簡単です。

商品数が300点ともなると、コピペも大変な作業ですが、別の方法もあるのでご安心ください(この場では省略ですが)。まずは、30点くらいの登録を目指してみましょう。

この動画では、商品情報をいったんメモ帳にコピペして、その情報を登録していっています。

トップセラー の商品情報ページから直接コピペする方法もアリです。ただ、コピペだと面白くないので、自分なりに商品説明などを考えるのも、とても良いトレーニングになると思います。

実践講座

4.始めないなんてもったいない!

ネット仕入れのネット販売の手法を簡単に紹介してきました。ネット問屋に登録して、気にある商品を数点選んで、ネットショップに登録するまでの時間は、せいぜい1、2時間くらいのものです。

管理人がネットショップを始めた大昔は、毎回車で問屋に仕入れに行ったり、ネットショップを手作りしていました。 でも、今は、すべてネット上で済ませられます。なんと便利な世の中になったのでしょう。

「ネットショップを始めてみたいけどいろいろ不安。」なんて人も多いと思いますが、商品を探して自分のネットショップを持つのはとても楽しいし勉強になります。ぜひ腕試しを兼ねてトライしてみて下さい。

ネット上にはいかがわしいサービスもたくさんあって、無知な人がダマされることが日常茶飯事です。

でも、トップセラー の運営会社(株式会社もしも)は2004年の設立で、すでに10年以上の実績があります。登録したからといって営業電話がじゃんじゃんなったり、変なモノを買わされるなんてことはありませんからご安心下さい。

今後もトップセラー活用方法をどんどん公開していくので「本気のネットショップ開業派」ブックマークしておいてくださいね。 あるいは、「開業派 トップセラー」と検索してね。

ネットショップ作成実践講座 公開なぅ>>

5.そんなアホな!?利益率3倍以上

トップセラーを提供する「株式会社もしも」は、以前から「もしもドロップシッピング」というサービスを提供していました。いわゆる、アフィリエイトに毛が生えたようなしくみです。ブログなどで商品を紹介して購入があれば報酬が発生します。

ブログ運営主の仕事はリンクを貼るだけ。実に楽なのですが、利益率は平均5%ぐらいでしょうか。3,000円の商品が売れても150円程度の報酬です。

でも、ほぼ同じ商品アイテムを揃えるトップセラーを使うと、利益率が3倍になります。

いくつかの商品を調べただけなので、中には4倍5倍、あるいは3倍以下の商品もあるかもしれません。それでも、少なくともドロップシッピングの報酬率よりはダンゼン良いのは間違いないです。

何が違うかって、要するに注文があったあとの処理を販売者が行う点です。

もちろん、発送は「もしも」がやってくれるので、簡単に言えば、注文社のお届け先を入力するだけ。たった、それだけの手間を惜しまななければ利益率は、ボカン!と3倍になるわけです。

ブログではなく、「ネットショップ」という形式を取る必要はありますが、これもちょっと大変なのは最初だけ。ブログに毛が生えた程度です。

ネット業界は「知っているか」「知らないか」だけで、月とスッポンですからね。利益率重視の方はトップセラー 派で行きましょう。私も当然トップセラーです。

6.はっきり言います。その商品選びは間違ってます。売れませんよ~

これ好きだな。かわいいな。これ売りたいな。

そんな気持ちを持つことがあると思います(その気持よ~~くわかりますが!)。

でも、その感覚は、残念ながら儲からない発想の典型例です。失敗してしまうパターンです(私も痛い目(><)に何度もありました。。。)。「売れない」と嘆く前に冷静に考えてみましょう。

さて、「あなたが売りたいモノ」=「世間で売れているモノ」が一致していればいいですよ。それなら、売れる可能性はあります。でも、「あなたが売りたいモノ」って、どれだけの人が買っていたり、買おうとしているか、わかりますか?

わからないですよね(笑)。だから、失敗するんです。じゃ、どうするのが良いか。結論は「売れているモノを売る」です。これが基本中の基本。好きだ嫌いだと言っていたらダメってことです。

「売れているモノを売る」・・・画面いっぱいの大きさで書きたいところですが(画像追加↓)、これが販売のコツです。売れているものは買っている人がいるので売れやすい」という法則。

売れる鉄則

だれも買ってないモノは売れない。あったり前の話ですが、実に、あたりまえなんです。バカみたいでしょ?でも、本当の話。

じゃ、「売れているモノって何?」って話ですが、これはトップセラー内ではわかんないんです。

姉妹サイトのもしもドロップシッピングの「売上ランキング」「今コレが売れました。」コーナーです。 リアルタイムで売れた商品の一覧が出てきます。 (↓今コレ)

※もしもドロップシッピングは2020年4月で終了するそうです。今のうちに、売れている商品のデータを取り込んでおくことをおススメします。※トップセラーは継続されます。

売上げランキングを見ると、意外にベッドや家具など高単価のモノが多いんですよね。そして、「今コレが売れました。」にも家具は頻出、そして、個人的には「え~そんなモノ買う人いるの!?(おれなら絶対いらんし)」と思うものばかりです。

言い換えると「自分は欲しくもないものばかり」です。

でも、その感覚で商品を選んでしまうと「売れないモノ」を掴んでしまうことになります。自分の感覚やセンスは信じてはいけないんです。これが鉄則です(売れるモノがすぐわかるセンスや自信のある人は別ですが)。

繰り返しますが、自分の「売れる売れない」の感覚はあてになりません。市場で何が売れているのか?何が求めらているかをじっくり見極める能力を磨くほうが先です。一朝一夕ではなかなかです。早く経験詰んだもの勝ちです。

ネットショップ作成実践講座 公開なぅ>>

7.販売サイト選びは「月額0円サービス」が基本だ!

トップセラー で仕入れルートを確保したなら、次のステップは「販売サイトの用意」です。商品を公開して消費者が購入できるネットショップを用意します。

以前までは、お金をかけて(月額1万円等)そこそこ高機能な販売システムを借りることも多かったのですが、今は、そんなことはやらなくても、無料で高機能なサービスが借りられます。

その代表がyahoo! shoppingです。

ヤフーショッピングには、(A)ライト出店と(B)プロフェッショナル出店がありますが、できればプロフェッショナルが良いです。ネットに不慣れな人には若干難しく感じるかもしれませんが、ライト出店の不自由さを考えると、ちょっと頑張ってプロフェッショナルを使いこなせるよういなるほうがメリットが大きいと思います。

なぜヤフーか。それは、集客力です。例えば、無料出店でで有名なbase(BASE株式会社)がありますが、悪くないんですが、「集客宣伝がゼロから」というのが、実に痛いんですよね。お金かけて宣伝しないと始まらないんです。その点、ヤフーはとりあえず宣伝費ゼロでも集客が見込めるのが最大のメリットです。

私自信は、ヤフーにも出していますが、1円たりとも広告費を出したことはありませんが普通に注文が入ります(実にありがたいことですが。)もちろん、扱っている商品や季節によって注文の入り方は異なります。うちの場合は春夏は大繁盛で秋冬は閑古鳥ですが(笑)。


ネットショップ作成実践講座 公開なぅ>>

8.「今これが売れました」ページの保存方法(動画)

「今これが売れました」 の保存方法を紹介しておきます。このページはリアルタイムに情報が変わっているので、もしもが終わるまで不定期に取り込むと、より多くの商品データが得られますね。一応、私も、日々観察してダウンロードしています。

調べてみると、一回でダウンロードできる商品アイテム数は 300弱です。来年4月まで時間があるので、1週間に1回くらいのダウンロードで良いかもしれませんね。あまり欲張りすぎると、見れないくらいの量になりそうです。

なお、もしもドロップシッピングは新規会員の募集は終了しているので、もしもが見れない方のために、「今コレ売れたデータ」をこの場で配布できれば良いなって思っています。(そのためには、株式会社もしもに許可を得ないといけないですね・・・)

ちなみに、1時間にどれくらい売れているのか、ざっくり調べてみたら175点。つまり1分間に約3個、約20秒に1点売れている計算になります。(観測平日12時~1時の約1時間)

通販システム切り替え組

ショップサーブ資料請求

楽天なんか退店しちゃえ!

↑ PAGE TOP