通販ショップを始めよう。現役店長が教える開業運営きほんのきほん
ホーム > ショッピングカートCGI > ショッピングカートは作るな!

ショッピングカートは作るな!

ショッピングカートは作るな

「ショッピングカートってどうやって作るんだろう?」そんな疑問を持っているあなたへ。

ショッピングカートは、プログラミングを習得したプログラマーが、HTML、CSS、JavaScript、PHP、Java、Perlなどのプログラミング言語やデータベース(SQL)といったプログラム言語を使って作ります。WEBブログラマーという職業です。

もし、あなたが、WEBプログラマーを目指しているなら、ITの専門学校に1年か2年通ったり、専門書を片手に勉強する方法があります。年収はなかなか良いらしいです。


※ネットショプ成功事例無料パンフレット配布中

ネット販売を始めるなら

あるいは、あなたがネット販売を目指しているなら、「ショッピングカートを作る」のではなく、お店を開店させて「運営」するのがメインのお仕事になります。

みなさんLINEをやっていると思いますが、LINEをするためにはアプリをダウンロードします。アプリを作ったりしませんよね。アプリもプログラマーが作ったものです。同じことです。

ネット販売開業サービスには標準でショッピングカートが装備されていますが、これはWEBプログラマーが作ったものです。ショップ運営者が改造することはできません。メンテナンスもプロのシステム担当が行います。(※参考 ネットショップのしくみを学ぼう

ショッピングカートも儲けるための道具です。

ショッピングカートがなかったころは、メールで注文を受けて、電卓で計算をしていました。でも、ショッピングカートの登場で、商品代金を自動計算してくれて、送料や手数料も自動で加算できるようになりました。しかも、ご丁寧なことに、請求明細などもメールで自動送信できるようになったのです。

昔に比べると販売がずっとスムーズになったわけです。今では、ネットショップを始める場合は、通販開業サービス(レンタルネットショップ)を借りてやりますが、それに付いているショッピングカートが超高機能になっていて、各社売れるカートをアピールして、しのぎを削っています。

ショップ運営者にとっては、ショッピングカートは道具に過ぎません。でも、おもちゃのゴルフクラブでゴルフをするのと、プロ仕様のクラブでやるのとでは、雲泥の差がでるのと同じように、ネット販売をビジネスとして始める人は、主婦やサラリーマンの副業であってもプロ仕様の通販システムを借りて通販を始めます。

ネット販売はすばらしい

1998年ころにネット販売をしようと思えば、勉強にかなり時間がかかりました。でも、今は、最短数分でお店が立ち上げられます。本当に便利な世の中になりました。

でも、情報をあまり持っていない人は、ショッピングカートは「作るもの」と思っていたり、ネットショップもHTML(プログラミング言語のようなもの)を勉強して「作るもの」と思っていたりします。

もし、あなたがネット販売に興味あがるなら、やるべきことは簡単です。通販開業サービスを借りて、商品情報を放り込んで、いち早くネットに商品を公開することです。

このサイトの管理人、現在は10店舗(2016年現在)ほどを運営する会社の社長をやっています。楽しくて仕方がないですよ。世界相手に販売ができるのですから。取引先との付き合いも楽しいし、「どうやったらもっと売れるようになるだろうか?」と考えたり試行錯誤する知的なゲームも刺激的です。

ぜひ、ネットショップ開業講座で勉強して、こちらの世界にいらしてください。待ってます。

※ネットショプ成功事例無料パンフレット配布中

開業予定者にオススメ

ショップサーブ資料請求

↑ PAGE TOP