通販ショップを始めよう。現役店長が教える開業運営きほんのきほん
ホーム > ネットショップの運営 > オペレーション・ノウハウ > ステップメールCGIでフォローメールを自動化

ステップメールCGIでフォローメールを自動化

ステップメールでフォローメール自動化

いくら便利になったとは言え、ショップ運営のすべてが自動化されているわけではありません。特に、フォローメールは、基礎の通販システムでは自動送信できないので、テンプレートは使っても「手動」で行っているお店も多いと思います。

これが、実はけっこう手間なので、ステップメールCGIで数回のフォローメール自動化させる方法を紹介します。リピート商材を扱っている場合は、業務はかなり簡略化されて時間も節約できると思います。

目次
1.フォローメールとは
2.フォローメール文例
3.ステップメールとは
4.独自ステップメールCGIのメリットとデメリット

フォローメールとは?

フォローメールとは、発送連絡メールとは別に、商品を買ってくれたお客様に、後日、「商品は届きましたでしょうか?」とか「商品の使い勝手はいかがですか?」、あるいは、「ぜひご感想を頂けますか?」といった内容のメールのことです。

「商品を買ったらそれっきり連絡なし。」の店よりも、温かみのある対応として捉えてくれるのでリピータを増やしたり、固定化させたり、お店のファンを作るには良いなやり方ですね。

例えば、フォローメールはこのような感じです。

(例)フォローメール文例

件名:<ORD NAM>様へ 商品は無事届きましたか?店長の山崎です。

本文
<ORD NAM>

こんにちは。
○○ショップの山崎です。
お世話になります。

先日は、<ORD ITEM>をお買い上げ頂き誠にありがとうございました。
もう商品はお受け取りになりましたでしょうか?

すでにご使用されている場合は、ぜひ使用感などを教えてください。
お待ちしております。

なお、レビューを書いて頂いたお客様には、毎月抽選で素敵なプレゼントを差し上げております。
こちらも合わせて、ご利用頂けますと幸いです。

<REVIEW URL>

---------------------
○○ショップ
山崎ひびき
----------------------

<ORD ITEM><REVIEW URL>は、特殊タグと言って、メールテンプレートで送信した際に、お客様それぞれの受注データが差し込みされることになります。(※上記文例で使っている特殊タグはショップサーブの場合。)

ステップメールとは?

上記のテンプレートは管理画面から、お客様を選んで主導で送信します。メール本文はテンプレートを使うので、改めて書く必要はありません。でも、送信は手作業です。これが、正直面倒になるんですね。

そこで活躍するのがステップメールというシステムです。これは通販システムには標準で装備されていないので自前で用意することになります。通常はCGIプログラムという形式で販売されています。当店で利用しているものは3万円ほどのものです(楽メール:https://www.raku-mail.com/)。

後は、サーバー自体がCGIが使えないといけないので、ショップサーブなどのCGIが使えるサービスを使っておくことが必須となります。(カラーミーやMAKESHOP、BASEなどの使えませんね。)

ステップメールでは、メールアドレスや名前を登録しておけば、指定した日にちに自動でメールを送信してくれます。

具体的には、メールを登録した「7日後にフォローメールAを送信」、「14日後にフォローメールBを送信」「30日後にフォローメールCを送信」といった設定ができます。 いくらでも設定できるので1年でも2年でも自動で送信できます。

ステップメールはフォローメール以外にも使えます。メルマガです。例えば、「良い商品の見分け方メール講座」などを作って、見込み客に登録してもらいます。2回送信でも100回送信でも設定可能です。登録してくれた日を基準に、指定した日数で自動送信してくれるので、いちいちメルマガを書いたり送信する手間が省けます。

独自ステップメールCGIのメリットとデメリット

「ステップメール」と検索すると、いろいろなサービスが出てきます。ほとんどが月額課金の有料サービスです。これら企業が提供するステップメールを使うメリットは、「超高機能で、さまざまな分析ができる点」です。

当社で使っているステップメールCGIなどは、「送るだけ」です(^^)。だから、分析などはあまりできません。なので、高度な分析をしたい場合は、各種企業が提供するサービスを使うと良いでしょう。

ただ、独自でステップメールを導入するメリットは「金がかからん。」ということです。1回ぽっきり払えば自社のものになりますから。何年使おうが何回使おうが制限なしです。

デメリットとしては、CGIなのでFTPを使った設置作業があります。また、登録用のHTMLを扱うので(書く必要はない)、HTMLをある程度理解できていることが前提になっちゃいます。

※楽天退店組、法人の通販参入や切り替え向けシステム  まじめに生き残りを考えている企業向けの通販システム(※個人事業主、副業は不向き)

通販システム切り替え組

ショップサーブ資料請求

楽天なんか退店しちゃえ!

↑ PAGE TOP