通販ショップを始めよう。現役店長が教える開業運営きほんのきほん
ホーム > ネットショップの運営 > 販売心理学の応用 > ツァイガルニク効果でマーケティング

ツァイガルニク効果でマーケティング

ツァイガルニック効果

テレビドラマを見ているとき、盛り上がりつつある場面に入るところエンディングに。

「え~っ、そこで終わる!?うそー」的な、次回が気になる、あの心理です。

連続ドラマと一話完結型ドラマを比べると、連続ドラマのほうが次週がより楽しみですよね。TVの野球中継などでも、「放送時間がなくなりました。残念ですが、ここでさようなら!」とクライマックスで切られてしまったときなどもそうです。

もくじ
1.ネットショップへ応用する方法
2.コンテンツ販売にも使いやすい
3.キャッチコピー3つの事例に学ぶ
 3-1.どんな彼女なんだ!?気になる!
 3-2.「1万人」がイメージできね~
 3-3.名前負けはいかん。

ネットショップへ応用する方法

ツァイガルニク効果を応用すれば、魅力的なキャッチコピーや広告文が作れます。

  • 元ヤンキーが3ヶ月で英語ペラペラに!
  • 元落ちこぼれの19歳ヤンキーがアレを3ヶ月続けたら英語がペラペラに!なぜ!?続きはホームページで

こんなやつですね。気になりますね~。なんでヤンキーが英語をしゃべる必要があるのか?一体彼・彼女に何があったのか?

ちなみに、「元ヤンキー」+「英語ペラペラ」という組み合わせも、認知不協和のテクニックなので、この広告では、ツァイガルニク効果と認知不協和の2つの心理テクニックが使われていることになります。(広告はデタラメです)

※楽天退店組、法人の通販参入や切り替え向けシステム  まじめに生き残りを考えている企業向けの通販システム(※個人事業主、副業は不向き)

コンテンツ販売にも使いやすい

物販がモノを販売するのに対し、コンテンツ販売とは情報を販売することです。情報の形式はPDFファイルであったり、DVDや音声ファイルなどのこともあります。

例えば、ドイツ語会話の教材でもいいですし、テニス上達のマニュアルやDVDなどを販売する場合、このツァイガルニク効果は活用できます。

  • ネットショップは地方がダンゼン儲かる!
  • 地方在住者のためのネットショップ開業マニュアル。地方のメリットを最大限活かす7つの方法教えます。

こんな広告を打ちます。そして、PDFマニュアルやDVDの販売ページにランディングしてもらいます。

そこで、いきなり売るのではなく7の方法の4つ目までが掲載されたサンプルPDFファイルを無料で配布します。

無料ですからダウンロードする人がいます。4つの方法はわかったけど残りの3つが謎です。気になります。とても気になります。そして、買います。まいどあり☆

これで終わっては芸がありません。残りの3つの方法を読んだユーザーをがっかりさせてしまっては、商品は売れたとしても失敗です。

購入したユーザーが納得のいく内容を提供できてこそ、初めてすべてがうまくつながったと言えます。

ちなみに、サンプルPDF以外では、無料メルマガで情報をどんどん与えて(返報性の原理)、購入に導く方法もあります。

キャッチコピー5つの事例に学ぶ

アマゾンの書籍コーナーは、キャッチコピー事例の宝箱です。秀逸なキャッチコピーをわんさか見つけることができます。

今回は、「続きが気になるぅ~~~」「え~~~~もっと(具体的に)知りたぁ~い。」そんな心理を掻き立てるような優れたキャッチコピーやタイトルを5つほどチョイスしてみました。

事例1.どんな彼女なんだ!?気になる!

大和出版、2019年12月発売の書籍。恋愛をしたい女性をターゲットにした書籍でしょうか。

「なぜ、彼女ばかりはハイスペ(ハイスペック)男子に選ばれるのか?」は「たいしてかわいくもないのに、なんでモテるの?」みたいな、若干嫉妬心のような女性心理が垣間見れるような気がします。

女性の世界は、おっさんには恐ろしいので、あまり多くは触れないことにします。

事例2.「1万人」がイメージできね~

ダイヤモンド社2019年12月出版。経営者やビジネスマンをターゲットとしたようなタイトルです。

なかなかキャッチーなタイトルですが「1万人」というのがじゃっかん気になる。というか、イメージがわかないですね。ま、「多くの経営者が悩んでることのまとめ?」みたいな印象を受けてしまいます。

どんなキャッチコピーを考えるときも、ターゲットユーザーが「実感としてイメージできる」というのが外してはいけないポイントです。

同じ1万でも、「ゲっ!1万円札をトイレに流してしまった。。。」と言えば、凄くイメージできますよね。でも、「1万人のお客様に指示されています。」とか言われてもピンときません。

結果、経営者としては、「できれば同じ経営者の経験から来る話を聞きたい。」というのがホンネです。

だから、出版社が情報を集めた「まとめサイト」のような書籍はスルーです。買いません。ダメ出しになったな・・・ダイヤモンド社さんごめんね~

事例3.名前負けはいかん。

こちらもダイヤモンド社2018年11月出版。「劇薬」とは挑発的なキャッチコピー。

即効性があるような、あるいは、一歩間違えると命取りのような仕事のやり方なのでしょうか。タイトルを見る限り内容が想像もつかないので気になります。

が、しかし、amazonの「内容紹介」の箇所を見ると「数字で図ることのできない仕事をするな。」「時間はお金を払ってでも増やせ。」「会社の人間と食事に行くな。」

おっと。。。めちゃくちゃふつーのご指南じゃないですか(笑)

いわゆる、名前負けですかね。タイトル激しすぎ中身フツー。整合性なし。ま、そういうこともあります。読みませんが!ごめんね。

通販システム切り替え組

ショップサーブ資料請求

楽天なんか退店しちゃえ!

↑ PAGE TOP