通販ショップを始めよう。現役店長が教える開業運営きほんのきほん

ヒューリスティック

heuristicとは「発見を助ける」という意味の英語です。心理学では、人は何かを探すときなどに、発見の助けとなるようなポイントをいくつかに絞って探します。昔流行った「ウォーリーを探せ」でウォーリーを探すときの思考がヒューリスティックです。

何百人と描かれている色々なキャラクターの中からウォーリーを探すときに、「丸メガネ」「帽子」「ステッキ」など、ウォーリーの特徴をいくつかに絞って探します。もし、ひとつひとつのキャラクターを確認しながら探すとなると膨大な時間がかかります。そこで、脳は、特徴的なシンボルいくつかを条件に簡易検索しようとするのがヒューリスティックです。

企業マーケティングの事例

スーパーへ行くと、このヒューリスティックを応用した商品を多く見かけることができます。というわけで、ちょっと近くのスーパーで写メしてきました。

ヒューリスティック

左からお茶はグリーン(ピンクなど向いてない)、ビスコには子供の顔が載っているため子供用」と一瞬にしてイメージします。3番めは外国のお菓子だったと思いますが、カラフル過ぎて不健康そうに見えます。日本ではこのデザインは受けなさそうです。トムヤムクンはタイ料理。タイっぽいフォントが使われていて、エスニックな味がしそうな気がします。

※楽天退店組、法人の通販参入や切り替え向けシステム  まじめに生き残りを考えている企業向けの通販システム(※個人事業主、副業は不向き)

ネットショップへの応用

ネット販売の場合は、スーパーのように商品やパッケージを手にとって見てもらえない代わりに、商品写真やキャッチコピー、説明文、バナーなどで、ヒューリスティックをヒントにしていくことになります。基本的には、市販のパッケージデザインを同じような手法を使います。

例えば、フォントやカラーです。フォントとは文字のデザインのことです。下の3種類の「ポップ」は、書いている内容は同じですが、フォントが異なります。フォント毎に受ける印象がことなります。くだけた印象を持つフォントから、厳格なイメージを持つようなフォント。また、3Dや手書き風のフォントなどいろいろああります。

フォント

バナー作成や商品写真への文字を挿入するときは、お客さんにどのようなイメージを持ってもらいたいかということを起点に、使うフォントやカラーなどを選びます。高級感を演出したい場合は、高級ぽいフォントやカラーを使い、安さをアピールする場合は、お手頃なイメージのフォントやカラーを使います。

クリスマスバナー

クリスマスをイメージしたバナー(ショップサーブ素材より)です。ぱっと見てクリスマスの雰囲気を感じられるよう、うまく作られています。

セールバナー

こちらのバナー(ショップサーブ素材より)も赤や黄色、ゴールドで、セールのお祭りっぽさがうまく演出されています。

お歳暮バナー

一転、こちのバナー(ショップサーブ素材より)は、お世話になっている人に感謝を込めて贈るための商品選びなので、セールのお祭り感や賑わい感は控えめになっています。こういった場合のフォントは明朝体が向いています。

バナーを作るとき、色から連想するイメージの感覚の持ち主なら苦労はしないのですが、普段はそんなことを考えていないと、色の選択も迷います。そんなときに役立つのが色やデザインの情報を専門に発信しているサイトです。探してみればいくつか出てきますので参考にしてみてください。

通販システム切り替え組

ショップサーブ資料請求

楽天なんか退店しちゃえ!

↑ PAGE TOP