通販ショップを始めよう。現役店長が教える開業運営きほんのきほん
ホーム > ネットショップの運営 > 販売テクニック > 繁盛店の鉄則5つの賑わい感

繁盛店の鉄則5つの賑わい感

繁盛店の鉄則5つの賑わい感

売れているお店には共通点があります。それは賑わい感。多くのお客様がやってきて盛り上がっているのがわかる点です。実店舗のお店は、賑わっているかそうでないかは見ればわかりますが、ネットショップでは、自分以外の客が来ているのかどうかまったくわかりません。そこで、賑わっていることをお客様に知ってもらうために、いくつかのテクニックを使うことがよくあります。

1.豊富な商品数
2.リアルタイム閲覧者数の表示
3.今売れました
4.ランキング
5.お客様の声

1.豊富な商品数

例えば、実店舗のパン屋さん。閉店間際になると品数が少なくなっているのを見たことがあると思います。お店としては、売れ残りを避けたいので、閉店に向けて売り切りたいと思います。でも、実際は、閉店間際でも、豊富に商品を並べることで売上があがります。

幸い、ネットショップでは購入された商品が、画面から消えることはないので、売り切れであっても表示させることができます。むしろ、適度に売り切れ表示があるほうが「売れている」感を感じられます。

トップページやカテゴリーページ、パッと開いたときに、せめて1回スクロースしなければいけないくらいの商品数は用意しておきましょう。豊富な商品数は賑わい感の基本です。

2.リアルタイムに閲覧者数を表示する

ホテルの予約サイトでは、「今、検討中の人が7人います。」などと、そのホテルの予約ページを見ている人の数をリアルタイムで表示させていることがあります。これをそのままネットショップにも応用することができます。

「本日の来店者数」のリアルタイム表示は簡単に導入できます。

下のような感じです。

これは、Javascriptを使っています。中級者レベルになると扱える簡単なプログラムです。どこのネット販売システムにもペタっと貼るだけで使えます。このページをリロード(更新)してみてください。しばらくすると閲覧人数をカウントして表示します。

3.今売れました

「今コレが売れました。」は、リアル店舗で言えば、「別のお客さんが商品を手にしてレジに向かって購入した。」のを目にするのと同等の効果があります。「買う人」を目の当たりにすると、つい財布の紐も弛んでしまします。

もちろん、ECサイトの「今コレが売れました。」は写真は文字データだけなので、リアルな感覚はないので、リアル店舗に比べると「買われている」感は弱いですが、ないよりは、あったほうが断然効果はあります。

ECサイトの運営側では、日々注文や問い合わせなど「動」を感じていますが、サイトを見た客さんには、そんなことはまったく伝わりません。無味乾燥なデジタルデータを表示されているだけです。そこに、少しでも、「動」が感じられる仕組みを取り入れるのは、もはや鉄則中の鉄則です。

4.ランキング

多くのネットショップは多数の商品を扱っています。「何を買うか」を決めてページを進めるお客様がいる一方、「何を選べばよいかわからない。」といったお客様も多数存在します。

そんなときに役立つのがランキングです。お店で売れているランキングはもちろんのこと、カテゴリー内でのランキングなども表示させることで、迷えるお客様の背中を押すことができます。

「長いものにはまかれろ。」ということわざではないですが、「みんなと同じで安心。」するのは、日本人の性格のひとつです。多くの人が選んでいるものは、特別こだわりのない人にとっては、選びやすくなります。

5.お客様の声

「アマゾンのレビューを参考にしたことがない人はいない。」と言えるほど、お客様の声やレビューは購入の大きな参考材料になります。

アマゾンのように、何千万人と利用しているサイトだとレビューも豊富にあつまりますが、中小のECサイトは、なかなか思うようにお客様の声が集められないこともあります。購入したお客様には、フォローメールでレビューをしてもらえるよう働きかけましょう。

絶対にやってはいけないのが、自作自演やレビュー購入です。自分で自分のECサイトのレビューを書いたり、クラウドソーシングのサービスを使って、レビューを購入する企業も多くみられますが、そういったことは、企業活動としては、正しくないことの部類にはいります。

昔に比べるとネガティブなレビューを投稿するユーザーは減ってきている傾向があるので、勇気をもって、正直な声をもらうようお客様に依頼してみると良いです。

開業予定者にオススメ

ショップサーブ資料請求

↑ PAGE TOP