通販ショップを始めよう。現役店長が教える開業運営きほんのきほん
ホーム > ネットショップの運営 > オペレーション・ノウハウ > 仕入先(メーカー)や仕入値を聞かれた場合の対応

仕入先(メーカー)や仕入値を聞かれた場合の対応

仕入先は企業秘密

「すみません。商品Aの仕入れ先を教えてもらえますか?」「お世話になります。製品Bの仕入れ値を教えてもらえますか?」など。非常識な問い合わせが入ることがあります。

仕入先や仕入値は、お店にとっては企業秘密のひとつです。どこの馬の骨かわからないヤツに、そうやすやすと教えるものではありません。

でも、その種の問い合わせがあった場合「教えるもんか。ばかやろー」と返事するわけにはいきません。そんなときの対応方法についてシェアします。

角が立たないように教育

ネットショップ運営者にとって、このようなメールを見た時の正直な気持ちは「こいつバカじゃね?」って思います。

でも、その感情そのままに返信してしまうと「印象の悪い店」などと悪いウワサに発展しかねないですし、受け取った側もショックを受けることが考えられます。角が立たないよう、やんわり断りましょう。

問い合わせをしてくる人の年齢はわかりません。もしかすると、ネットショップにある小学生や中学生かもしれません。そうなると、非常識というより、単に経験や業界の常識がなく「知らないだけ」ということになります。

不慣れなことを始めたときに、トンチンカンな質問をすることって誰にでもありますよね。

例えば、「日本の文化を知らない外国人が靴のまま家に上がってくる。」とか、そういった類です。やってる本人は、間違ったこと、非常識なことをしている意識はありません。だから許してあげましょう。

さて、もっともおすすめ断り方は、「仕入先(メーカー)や仕入値については、弊社と契約した販売店様のみお伝えしております。」と、卸販売をしていることを前提としたような書き方をする方法です。

「じゃ、仕入れさせてください。」ときた場合は、「実店舗あり」「法人のみ」など、厳しい取引条件をつけて返してやれば、もうメールは来なくなります。

「相手は、仕入先や仕入値は取引契約をして初めてわかること」や「仕入れをするには取引条件を満たさなければいけない。」など、学校では教えてくれないようなことを教えることができます。

※楽天退店組、法人の通販参入や切り替え向けシステム  まじめに生き残りを考えている企業向けの通販システム(※個人事業主、副業は不向き)

文例

この文例を用意してみました。無料素材なので自由にコピペで使って頂いてもかまいません。ただし、これにより生じたトラブル等に関しては、 当サイトは一切責任を持ちませんのでご注意ください。

仕入れ先聞かれた場合の文例

栃木 健 様

お問い合わせ頂き誠にありがとうございます。
ホゲホゲショップの戒行と申します。

商品Aの仕入先(メーカー)や仕入れ値に関しましては弊店と卸契約を結んだ企業様にお伝えしております。
恐れ入りますが、弊社より仕入れをご検討の場合は
下記のページよりご申請頂けますと幸いです。
https://hogeranet2016.jp/oroshiuri/

折り返し担当よりお返事差し上げます。
今後ともホゲホゲショップをよろしくお願い申し上げます。--署名 --

ハンドメイド販売で・・・

メルカリやCremaなんかでハンドメイド作品を販売している場合にも、「材料はどこで入手したのか?」など聞かれることがあります。

これも、どこの誰ともわからない人に手の内を明かすわけにはいきませんからね。

契約企業から仕入れています。取引先との契約上第三者にお教えすることができません。」という感じで突き返せば良いでしょう。ま、見る人が見ればホームセンターやモノタロウなどで買ったとか、バレバレですけどね。

特に、メルカリなどのユーザーは、ビジネスのことなど無知ですし、さらにネットリテラシーもそれなりなので、そういった素朴な質問をしちゃうんですよね。

悪いこと、というか、相手にとって「聞かれたくないこと」なんて感覚はありませんから、まあ、これも許してあげましょう^^。くそクレーマーに比べるとかわいいものです。

仕入先を聞き出す方法

全然逆の話ですが、仕入先を聞き出す方法は、なんと言っても「超仲良くなる。(常連)」に限ります。

あっさり教えてくれることが多いですね。もちろん、よっぽど秘密にしたい場合は教えてくれないでしょうけど、今はネット検索で何でも出てくるので、100%わからないってこともなくなりましたから。

通販システム切り替え組

ショップサーブ資料請求

楽天なんか退店しちゃえ!

↑ PAGE TOP