通販ショップを始めよう。現役店長が教える開業運営きほんのきほん
ホーム > ネットショップの運営 > コラム > 個人事業はおいしい

個人事業はおいしい

個人事業は3倍おいしい

個人事業は、はっきり言っておいしいです。

特に、ネット通販はパラダイスであり極楽であり。とりあえず、年収1,000万くらいを目指すなら個人事業主おすすめです。

サラリーマンでも副業として個人事業を立ち上げたなら、源泉徴収された税金全額を取り戻すことだって可能です。

主婦も「配偶者控除の範囲でパートやアルバイト」なんて言わずに、自営業の仲間入りをして豊かな人生を過ごそうじゃありませんか。

《関連人気記事》
超初心者向け!個人事業がおいしいカラクリ
個人事業の売上が0円で経費だけ計上できるのか?
ネットショップの年収ってどうなの?

デメリットなんてなし。やらないのが人生の無駄遣い

NHKが2019年8月に「個人事業主の厳しい現実」と題し番組を放映したらしい。

ウェブサイトに2人の「個人事業主の厳しい現実」の要約が載っていたので簡単に紹介してみます。

1人目は美容師さん。これまで社員として働いていた美容室と個人事業主として契約したというもの。

彼は「個人事業主になると自分の裁量で仕事ができる」と思っていたそうです。結果どうなったかというと、自分の思い通り仕事ができず、社員の時よりも収入は大幅に減り、理想とは大幅に違っていたといいます。

2人目はクリーニング店のパートさんが個人事業主になったというケース。

こちらは、会社から「個人事業主になるか辞めるか」を突き付けられて個人事業主になったというもの。結果、個人事業主には残業は関係ないので長時間労働になったうえ収入も大幅にダウン。

失笑・・・。おいおい。

たった、これら2つの事例だけでもって「個人事業主の厳しい現実」とまとめるのは、あまりに乱暴すぎるんじゃね?さすがウソを垂れ流すクソN*K。

ちなみに、この2件に共通しているのは、会社に利用されたという点ですね。

騙されたと言ってもよいくらいです。

そもそも、主導権を握るはずの個人事業主が、あいてに100%主導権を握られている。

確かに、事業の形態は個人事業主ですが、実態は、雇用ですよね。

個人事業主の間違った、というか、残念な使い方です。

包丁も逆では切れないじゃないですか。

ちゃんと切れるほうを下に向けないと(^。^)

結論としては、個人事業主は、間違った使い方をすると地獄へ行き、正しい使い方をすればパラダイス行きである。」と言えそうです。

正しい使い方すれば、メリットしかありませんから!

「アタシって一生社畜??」なんて場合は、一肌脱いで個人事業主にチャレンジしてください。

参考
https://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2019/08/0819.html

ほぼ100%自分の裁量

裁量(さいりょう)とは、自分の意見や考えで行動するということです。

会社員の場合、上司や会社からの指示や命令で仕事をすることが多いですよね。

「取引先と契約する裁量がある。」と言うときは、自分で契約をすることができますが、「裁量がない」という場合は、上司の決裁をもらわないと契約できない。

「裁量」の意味は大丈夫でしょうか。

お勤めの人でも、裁量の幅が広い人も多いと思いますが、基本は「雇用」されているので、さまざまな制限のなかで働かないといけない。

でも、個人事業主は裁量100%です。

いつ仕事をしようが、何時間働こうが、誰と付き合おうが誰からも制限や規制を受けません。

制限があるとすれば法律です。

つまり、法律が許す中では自由に動き回ることができるのです。

上記の残念な個人事業主の例は、ただ制服から私服になっただけ。つまり、中身は同じで外装(名称)が変わっただけ。

もはやその狭い制限の中でしか仕事ができないという状況に陥ったわけです。

そりゃ厳しい現実になるっしょ。

本来なら、美容室と交渉して「この条件飲めないなら契約しねーし。」と有利な立場で仕事を進めるのが「裁量のある」個人事業主としてのビジネスの基本です。

仕事を選べるのが個人事業主。

会社員は、ある意味会社に守られているのでタイムカードさえ押しておけば収入が得られるというメリットがあります。

でも、個人事業主の場合は、自ら積極的に動かないと「0円」です。

リスクが高い分ハイリターンも望めるわけです。

それをデメリットなんて言う人は、やらない側の人たちです。

「収入は青天井」って考えるとメリットしかないですよね。

収入については、会社員やパートアルバイトのように、自分の時間を切り売りするワケのではないので、収入もやり方次第で青天井です。パートなら1日1万円も稼げたらバンザイでしょう。

でも、自ら事業をやり始めると1に日10万20万、あるいは何百万も稼ぐことも可能です。

もちろん、毎日何十万もコンスタントに稼げるのはかなりレアケースですが、たいていはバラバラです。収入がゼロの日もあるでしょうし50万円の日もあるでしょう。その日その日の収入ではなく、トータルで考えるのが個人事業主です。ま、会社も同じですけどね。

税金を少なくできる!

漠然とした話が続いたので、もう少し身近で具体的なお話をしたいと思います。

「売り上げ」と「経費」と「税金」。こ

れらの関係はご存知と思います。

そして、「経費算入」は、ずばり節税のため!

個人事業なら何でもかんでも算入できてしまうというスーパーメリットがあるのです。

これが第一の目当てとして事業を立ち上げる人もいるほどです。

経費とは仕事に関係する費用のことです。

例えば、携帯電話。

取引先との連絡にかかせません。「通信費」という経費で計上できます。スマホ本体も通信料も、当然の経費です。

次、有名なのが家賃。3LDKの賃貸マンションに住んでいて、月々の家賃が16万円だったとします。

そして、一部屋を事務所として使っていたなら、その割合分を経費として計上できます。

例えば、その部屋の広さがマンション全体の4分の1だとすると、「16万円の4分の1」の4万円を事務所地代家賃として経費にできます。

これを「按分【あんぶん】」と言います。

駐車場や、ガレージなども「仕事に使っているなら」その分費用とすることができるのです。

「それがどんな得があるの?」という初心者の方に、イメージ的に説明します。

全体の収入がありますよね?そこから「経費」を引く。

税金は、その残りにかかってくるんです。

年金や健康保険もそう。

課税収入っていうんですが、いくら大きな売上があっても、経費を引いて残り少なければ、それに応じて税金も少なくなるんです。

社員はもちろん、パートやアルバイトは、もらった金額=収入ですよね。

税金や年金、健康保険も引かれている。すごい額ですよね。

でも、自分ではどうすることもできない。引かれたらひかれっぱなし。

個人事業主は、そういった痛い出費を究極まで抑えることができるのです。

何をするにも金がかからない

個人事業になるには、「開業届」という紙きれをを税務署に出すだけ。0円タダです。即日個人事業主になれます。

一方、株式会社は設立から金がかかりまくります。印鑑だ、登記費用だ、設立代行費用だなんだと、設立するだけで30、40万円です。そして、必要な書類を1枚とるのにも何百円。会社の住所が変わるだけで3,4万円。

株式会社で最悪なのは、赤字で銀行口座に残高もなく手持ちの現金もない場合でも、7万円ほどの税金の支払をしなければいけないというワケのわからない法律に縛られています。 (国としては、収益の上がらない企業を消滅させたい。)

でも、個人事業なら運営面でとにかくお金がかからないです。ネットバンキング利用料も0円。ジャパンネット銀行楽天銀行が個人事業主の定番銀行ですね。屋号で口座が作れますからね。

株式会社などの法人は常に売り上げを作り続けないと、消滅してしまいます。エスカレーターを逆走し続けないといけないのです。もちろん、株式会社などの法人には、法人としてやるだけのメリットがあるので、その点お忘れなく。

個人事業主は、例えるなら階段です。動かなければ2段目に行けません。でも下に落ちることはありません。何もしなければ何も起こらないという感じです。

監視されない自由がある

株式会社をやっていると、帳簿やら税金やら正確に、かつ、厳密ににやっていかないといけません。税務署の目を気にしないといけないわけです。

しかも、数年に1度は必ず「税務調査」と言って、税務署から係官が来て自社の帳簿見ながら質問攻めをしてきます。

  • 「社長。この仕事は長いんですか?」
  • 「社長。この52,500円は何の費用ですか?」
  • 「社長。ここ(帳簿)に出てる売り上げ以外の売り上げはありませんか?」

もう、尋問さながらです。別に悪いことをしているわけでもないのに、あれこれ質問をされているうちに、まるで犯罪者のような気分になってきます。質問が長引けば、うっかり自白してしまいそうな勢いです(いや、特に悪いことはしていないけど!)。

※ちなみに、筆者は会社数社経営しながら個人事業主としてもやっているハイブリッド型!?です。

それでもって、帳簿の不備を指摘されて、さらに税金を持っていかれたりするわけです。ふんだり蹴ったり。泣きっ面に蜂です。

で、個人事業主。税務調査なんて(基本)ありません。だから、やりたい放題です。なんて言うと怒られそうですが、正直、個人事業なら税務署なんてまったく意識しなくていいのです。

まだ開業もしていないのに税金のことを心配する人がいますが、おかしな話です。開業していても儲かってもないのに税金の心配をする人も無駄な心配です。

ドロボーがお金持ちの邸宅に侵入するように、というとこれも怒られるかもしれませんが、税務署も儲かっている人や企業がターゲットなのです。

芸能人が無申告などでニュースになりましたよね。年間3,000万とか4,000万のレベルです。税務署に狙われるのは、これくらいの規模からです。たまに、金額が低くても「見せしめ」のための摘発はあります。

個人事業主の年収500万や800万くらいは貧乏人として見向きもされません。税務署を気にしなくていいのでお気楽なのです。

時間の使い方が超絶フリー

個人事業主として、「個人的に何が一番良いか。」と聞かれたら、時間持ちになれるということです。

起業したてのころは「お金持ち」ではありませんが、自分のために100%時間を使える「時間持ち」になれるのが最強のメリットです。

「決められた時間に決められた場所に行き、決められた時間働く。」ということからの解放が最大の目的でした。逆に、それが苦にならない人はお勤めのほうが向いているかもしれません。

月曜から日曜日と、カレンダーはありますが、基本的に関係ありません。

平日に休み土日に働いたり、好きな時に好きなだけ働ける自由があります。ストレスフリーです。

もちろん、「やらなければ食えない」というリスクは背負ってます。

ただ、そんなことをいちいち考えていたら動けなくなるのであまり気にないようにするのがコツですね。

開業時は、土日休みの感覚が身についていると、混雑を避けるため平日に休みを取り、遊んでいると罪悪感を感じることもあるかもしれません。でも、それは徐々に慣れてきます。

どんな事業がオススメなのか

たまに質問を受けますが、難しい質問です。

人によりけりでしょう。

パソコンが苦手な人はネットビジネスは無理とは言わないけど、難しいでしょう。

体力のない人に現場仕事は難しいでしょう。

まずは、自分のスペック(スキルや体力、資金や居住地域など)を洗い出して、次のような疑問に答えてみると良いです。

・どんな人生、生活スタイルを実現したいのか?
・どういった働き方をしたいのか?
・自分には何ができるのか?
・何をしたいのか?
・どれくらいの収入を得たいのか?

余談ですが、筆者はネットビジネスから実業までやっていますが、とにかく、いつも「時間や体力を使わないことはなにか?」という視点で考えています。

「職業は何?」って聞かれたときに「ニート」って言うくらい超絶な怠けモノなんです・・・

とにかく動きたくない。インドアが好き。

最終的にオススメしたいのは、漠然としていますが、「世の中にない、あるいは、きわめて少ないサービスや商品を売る」ということになりそうです。

アフィリエイトのように、ポピュラーすぎて、猫も杓子もやっているようなところにはウマミはない。

アフィリも、まだ誰も知らない頃はおいしかったのですが、今は全然でしょう?一番乗りが一番おいしいんです。

あとは、リアルのビジネスもオススメですね。

「東京にはあるのに、この地方や地域にはない。」そういったビジネスです。逆も然りです。

リアルの場合は競合調査も市場調査も、目に見えていることが多かったり、データ(人口や年齢層等)が入手しやすかったり、大儲けを狙わないのならリアルビジネスで固く方法もありです。

ネットビジネスに比べると移動があったり体力を使ったりなど、何かと時間はかかりますが。

体力に自信がある人は、現場系がおすすめです。

と言っても、建設現場で働くんじゃないですよ。

エアコンやお風呂にトイレ、洗濯機や換気扇のクリーニング、また、家事代行や不用品の回収、ふすまや畳の張替えなどなど。

いわゆる職人系の仕事のことです。

5年10年と修行をつまないといけないような仕事は、すぐには収入にならないけど、「クリーニング」や「家事代行」なんか資格もなんにもいりません。

また、産廃の許認可や電気工事士なども、それほどハードルが高いものでもないし。

季節によってはキツいかもしれませんが、それだからこそ儲かるってもんです。

知人の職人系の個人事業主はだいたい年収800万ほどです。それでも、ひまーって言ってますが。コロナ禍のときは特に(笑)

通販システム切り替え組

ショップサーブ資料請求

楽天なんか退店しちゃえ!

↑ PAGE TOP