通販ショップを始めよう。現役店長が教える開業運営きほんのきほん

ネットショップの仕組み

ネットショップの仕組み

長年利用しているショップサーブ開業レンタルサービス)を例にとって、初心者の方にもわかるようにネット通販システムの仕組みを解説します。

これから副業や内職的にネット販売を開始する方でも、表面的なところだけでなく裏側の知識は必ず必要になってきます。

ショップサーブ以外の、カラーミーやyahoo! shopping、楽天などの開業サービスも含め、すべて仕組みは同じですので、参考になるかと思います。

※楽天退店組、法人の通販参入や切り替え向けシステム  まじめに生き残りを考えている企業向けの通販システム(※個人事業主、副業は不向き)


仕組み

ネット通販における、お客様とお店の関係を簡単に図に示してみました。お客様が注文をして、注文内容がお店に届くまでの流れです。

ネットショップが仲介役となってお客様の注文の橋渡しをしているイメージですね。注文はメール形式でお店に届くのと同時にデータベースにも蓄積されます。データベースとは、注文データなどを蓄積するための貯蔵庫のようなものです。

仕組み

そして、お客様とお店の橋渡しをするネットショップですが、これも簡単に分けると3つの機能で構成されています。(1)お店ページ、(2)ショッピングカート、(3)管理システムです。

ネットショップの仕組み2

1. ショップページ

ショップページ

ショップページ(フロントページとも言う)とは、お客様に見てもらったり買い物をしてもらうページのことです。

トップページや商品ページに始まり、特定商取引法に関する表記ページや注文方法に関するページ、店長ブログなど。お店によって色々なページを用意します。

「ネットショップを作る」というときは、このショップページを構築というよりデザインしていくといったほうがしっくりきます。

フロントページは自由がきくので、好きなイラストを入れたり、独自のカラーやデザインに仕立てることができます。

操作はすべて管理画面から作っていきます。あらかじめテンプレートで大枠はできているので、そこにお店独自の内容を詰め込んでいくイメージです。今はマニュアル類も充実しているので、プリントアウトしたマニュアル片手にコツコツ作り上げていっても良いでしょう。。

昔(2000年ころまで)は、この部分(フロントページ)も手作りしなければいけなかったのですが、今は、初心者の方でも簡単に操作して作れるようになりました。

2. ショッピングカート・システム

ショッピングカート

ネットショップのショッピングカートは、スーパーなどで使う「ショッピングカート」と「レジ」の機能が合体したものです。お客さんが購入したい商品をかごに入れて、最後に「購入」ボタンを押すことで決済します。

決済と同時に、「お客さん」と「お店」にメールが自動送信されます。お客さん側には、「購入完了のご案内メール」、お店側には「受注メール」が送信されます。

ネットショップではオンライン決済が基本です。現金で支払う代引き、クレジットカードやコンビニ決済、銀行振込、後払い、電子マネーなどたくさんの支払い方法が利用できます。

また、ショップサーブのカートのように、購入金額に応じて「あと◯◯円で送料無料です。」という文言をいれることができたり、 在庫のない商品を買おうとしたときに、「品切れ中です。入荷時にメールで連絡致します。メールをご登録ください。」といった文面を入れたり、 お客さんを逃さないための工夫が仕込まれています。

このショッピングカートまで「作らないといけない」と勘違いされている人も多いのですが、こんな高度なものは素人には作れません。実店舗お店のレジと同じで完成品を使います。

3. 管理システム

管理画面

ネットショップのバックヤードです。この管理システムを使って、あなた、あるいは、アルバイトスタッフさんがネットショップを運営します。例えば、よく使う機能は次のようなものがあります。

  • ・受注メールや発送完了メールの送信
  • ・商品データ新規入力や編集
  • ・在庫管理
  • ・納品書や発送伝票の印刷
  • ・メールマガジンの発行
  • ・広告管理

これらを行う専用の管理画面です。この画面はお客様側からは見えず運営者専用の画面です。ネットに接続してIDとパスワードで入室するのが一般的です。

上の画像はショップサーブの管理画面ですが。この画面で入金状況や発送状況などを確認したり、メールの送信や納品書の印刷をしたり。

この管理システムは、言い換えるとネットショップのオフィスです。ネット上にオフィスがあるわけですから、実際のオフィスはなくても運営できるのがネットショップなのです。

オフィスも持たずに、モバイルパソコンだけでネットショップを運営する人も珍しくなくなりました。

2時間目 ネットショップを作るとはどういうことか→

通販システム切り替え組

ショップサーブ資料請求

楽天なんか退店しちゃえ!

↑ PAGE TOP