通販ショップを始めよう。現役店長が教える開業運営きほんのきほん
ホーム > ネットショップの開業方法 > Q&A > 開業の許可や手続き等はありますか?

開業の許可や手続き等はありますか?

たいていの商品は許可や認可、資格などは不要だと思われますが、やはり必要なものもありそうです。今すぐ知りたい方に、本邦初公開、つまり、日本で始めて、許認可の必要の有無がわかるイエスノーチャートを作成いたしました。画期的です。合わせて、するするスクロールもをお楽しみください(^o^)。YES/NOチャート クリック&クリックで、許可が必要かどうかがわかる

4つの中の1つでも欠けているとネット商売はできません。これから始める人は、ネットショップやノウハウがないので、とりあえず商品と銀行口座の2つあれば良いという事になります。

この資料が一番分かりやすかった

許認可のページ

ショップサーブ配布の無料資料にも書かれていますが、輸入品(食品や食器)などで人間が口(クチ)に含むものを取り扱う場合は、厚生労働省検疫所で検査を受ける必要があります。

また、ドライフラワーなどの場合は、植物防疫所で検査を受ける必要があります。もちろん、自分が直接輸入するのでないならば、この限りではありません(その必要はありません)。

ちなみに、ショップサーブの無料資料のP59の「YES・NOチャート」(右の写真)がめちゃくちゃわかりやすいですね。「食品?それもともそれ以外?」の質問に順番に答えていくだけで、許可や免許が必要か、あるいは、許認可不要かが簡単にわかります。

こんな方法もあるよ

簡単な方法なんですが、「同業者のページを見る」という方法があります。具体的には特定商取引法のページを見るとわかりやすいです。そのページに、販売に必要な許可や認可について記載されていることが多いからです。

例えば、中古品を扱いたいと思った場合は、「古物商」の許可が必要ですし、お酒を販売したいと思ったら「酒類販売業」の許可が必要です。また、化粧品を輸入販売する際には、「化粧品製造販売業許可」が必要です。

※楽天退店組、法人の通販参入や切り替え向けシステム  まじめに生き残りを考えている企業向けの通販システム(※個人事業主、副業は不向き)

通販システム切り替え組

ショップサーブ資料請求

楽天なんか退店しちゃえ!

↑ PAGE TOP