通販ショップを始めよう。現役店長が教える開業運営きほんのきほん
ホーム > ヤフーショッピング作成講座 2016 > 超初心者にまず知って欲しいこと

超初心者にまず知って欲しいこと

猫

ヤフーストアのプロフェッショナル出店で出店したのは良いけど「お店づくりってどうやるの?」「HTMLって?」「バナーって?」というレベルの方向けの内容です。

プロフェッショナル出店は、その名の通り、通販のプロが使うためのシステムです。だから、プロとして最低限のスキル(技術)がないと、ネットショップは作れないのです。

ただ、 プロと言っても、普通の個人はもちろん、主婦やサラリーマンの副業などでも出店しているので、国家試験のようなハイレベルなスキルが要求されるわけではありません。

では一体どんなスキルが必要なのか。それについて3つにまとめていますので参考にしてください。


※ネットショプ成功事例無料パンフレット配布中

必須スキル1 HTML

ホームページやネットショップはHTMLと呼ばれるプログラムの一種のようなものでできています。タグと呼ばれる命令をいくつか覚えることで利用できるようになります。当サイトでも、そういった人を対象に初級講座を開催しています。が、忙しくて更新できていません(笑)

他のネットショップも同じなのですが、基本的に、運営する人は、HTMLは独学です。ネット上に必要な情報はすべて出ているので、それらを参照しながら覚えていきます。ま、おぼえるというよりは、コピペで使うことが多いです。ただ、意味は理解しておいたほうが良いです。

このように文字を赤くする場合は<font color=red>この部分が赤くなる</font>と書きます。太文字にする場合は<b>太くなる</b>と書きます。このような半角の文字のことをタグと言いますが100種類もないです。20、30個使えるようになれば十分です。

必須スキル2 画像編集

HTMLだけができても、まともなネットショップを作ることはできません。きれいなバナー、きれいな写真を用意することで初めて、立派なネットショップができます。

まず、写真はデジカメや一眼レフなどで撮影することもあれば、メーカーが用意した写真を使うこともあります。いずれにせよ、商品写真の上に「送料無料」や「会員は10%オフ」などといったコピーを入れるのが基本なので、画像編集ソフトは使えることが大前提です。

ソフトにはフォトショップ(旧)というプロ向けのソフトがありますが、高額なので無理する必要必要はないです。無料のソフトもありますし、1万円程度で手に入る本格的なソフトもあります。

おすすめは、アドビのフォトショップ・エレメンツというソフトが良いです。フォトショップの廉価版です。これが使えるようになれば、プロ向けのフォトショップも使えるようになります。機能的にも、ネットショップで使う画像を作るには十分です。

また、ホームページビルダーに付属している、ウェブアートクリエーターというソフトは、使い方が簡単なわりに、そこそこの編集ができるので、これもおすすめです。いずれのソフトもパソコンにインストールして使います。

必須スキル3 仕組みの理解

本当はまず最初に理解しないといけないのですが、「サーバー」「URL」「パス」「リンク」「フォルダ」といったパソコンやネットを使う上での基礎用語は知っておかないと、マニュアルを読んでも意味が理解できません。

また、ページ上に写真が表示される仕組みなども理解していないと、HTMLが使えません。ホームページ(ネットショップ)は、(1)文字、(2)写真、(3)動画、この3つで構成されます。動画がない場合もあります。

ページ上はすべて同時に表示されているのですが、画像や動画は、実は別の場所から呼び出して表示しているんです。動画に関しては「埋め込み」といった言葉を使うので理解しやすいかも知れません。ブログにユーチューブの動画を載せていたりするでしょう?あれは、そこにユーチューブの動画があるのではなくて、youtubeから呼び出して表示させているわけです。

でも、商品写真がバナー画像なども同じ仕組みであることを理解している人が少ないようです。画像に関しても、ページとは別の場所に保管されていて、それをHTMLのタグで呼び出して表示しているのです。だから、実際は、画像はそこにないのです。

例えば、この猫のイラストですが、このページに実は存在していないんです。まるで、ここにあるかのように見せかけているだけです。

猫

実は、この画像の正式な場所は、これです。
http://www.netshop7.com/sakusei/img/cat-sign.png

これをコピーして、ブラウザのアドレス欄に入力してみてください。「画像だけ」が表示されます。画像だけを表示しても販売ができないので、商品情報などと合わせてページに組み込んで使うわけです。

画像が表示される仕組みとHTML

開業予定者にオススメ

ショップサーブ資料請求

↑ PAGE TOP