通販ショップを始めよう。現役店長が教える開業運営きほんのきほん
ホーム > ネットショップの運営 > ネットショップの集客方法 > 効果的なブログの書き方8つのアイデア

効果的なブログの書き方8つのアイデア

効果的なブログの書き方

店長ブログと言うと、店長の日記かと勘違いするかも知れませんが、ネットショップにおけるブログの最終目的は、あくまで顧客獲得や販売、契約です。

「焼き肉食べた。」「USJに遊びにいった。」といったプライベートな記事は、目的を考えれば、全く見当違いであることがよくわかると思います。

ここでは、ネットショップのブログを効果的に書くための8つのアイデアを提供します。これの内どれかを、選んで書いておけば、少なくとも見当違いのコンテンツになることはありません。

このページのメニュー


1. 商品を運営者の生の声で紹介する

商品ページをしっかり作り込める場合は良いのですが、商品数が多いと、メーカー写真とスペック(大きさや色など)、そして簡単な説明文だけなどになってしまいます。そういった商品のなかから、プッシュしたい商品をピックアップして、運営者の生の声で説明します。

商品写真も撮り直し、しゃべれる人は、ブログの記事以外に、まるでユーチューバーのように動画がでレビューをしたものをyoutubeにアップロードしても良いでしょう。

2. 書ききれないうんちくを書く

現在、商品ページは楽天でよく見かける縦長のページと、BASEなどのように、写真がメインでシンプルなページとが存在します。縦長ページは1ページですべて説明しつくせる反面、情報が多すぎてお客さんに混乱を与えてしまう恐れもあります。

そんな理由から、縦長ページを採用せず、シンプルな商品ページにしている店では、商品ページの情報が不足しがちす。そのようなときに、書ききれていない、あれやこれをブログの記事として掲載します。もちろん、商品ページから双方にリンクを貼ることをお忘れなく。

3. お客様の声やレビューを紹介する

お客様からのレビューは、通常、商品ページに掲載されますが、これをブログに記事としてピックアップして、お店からの返答をつけます。商品ページを見ないと見ることができないレビューを閲覧することができるうえ、お客様の使う言葉には重要なキーワードが含まれていることがあるので、ときに集客に効果的に働きます。

4. お客様からの問い合わせを回答と合わせて紹介する

これもレビューと同じで、お客さんの使う言葉には、「集客に効く」言葉が含まれていることがあります。通常、メールでの問い合わせは、お店のデータベースに入力されて日の目を見ることがありません。これをあえて表に出して、ひとつのコンテンツとして追加するというアイデアです。もちろん、お客さんの名前や住所は出しません。フェイクを入れるなどしてお店独自でリライトします。

5. お店のコンセプトや想いを書く

お店のコンセプトは、ネットショップを見た瞬間に感じ取れるレベルが良いのですが、なかなか難しいものです。そこで、お店のコンセプトを記事で紹介したり、製品にまつわる話、「お客さんの喜ぶ顔が見たい思いで仕入れをしてきた。」などです。

「A社の製品はかくかくしかじかで二流ですが、弊社の製品はこれとこれが優れています。」といった、比較広告のような内容の記事でも良いでしょう。

6. 関連する情報を浅く書いたり、掘り下げたりする

枕を売っていたら、「睡眠」「夢」「脳」「姿勢」など、いろんな関連情報があります。それらを浅く紹介するのはもちろん、枕のプロとして、睡眠についてうんちくをたれるなどは、もはや定番です。

7. 休業や臨時休業について書く

たいていのネットショップでは営業カレンダーがありますが、必ずしもお客様が見てくれているとは限りません。ゴールデンウィークやお盆、年末年始の休業などのスケジュールを記事にします。昔は、お知らせ専用の仕組みがあったのですが、今は、ブログに含めてしまうことが多くなりました。

8. プライベートな日記もコンセプトに絡める

ネットショップのブログのネタはいくらでも作ることができます。プライベートなことがあっても、できるだけ、自社製品や販売商品にからめて記事を書きます。ただし、プライベートな日記は、人柄が現れてしまう場合があるので、人格的に問題のある人は、できるだけ客観的なことを書きましょうw

ブログはWordpressを使う

ショップサーブユーザーは、標準で店長ブログという機能がありますが、しょぼすぎて約に立たないので、これは使わず、外部にサーバーを借りてWordpressを使って記事を作成します。カラーミーやyahoo! shoppingなども同じです。

読まれるためのテクニック

検索ユーザーは、必ずしもお店ページから入ってくるとは限りません。キーワードによっては、ブログのほうがランディング(訪問)が多い場合があります。例えば、「商品Aのページ」と「Aを紹介したブログ記事」があるとします。前者は検索結果に出てこず、後者が結果にでてくるといった状況です。

記事の内容は良いのに直帰率(すぐに別のサイトへ行ってしまう率)が高い場合は、検索ユーザーが「このページは欲している情報がない」と判断するからです。例え、ユーザーが欲しい情報を提供していてでもです。なぜなら、ユーザーは「一瞬の見た目」でそのページの重要度を直感的に決めているからです。

これを改善するには、やはりアイキャッチです。文字がぎしりのページと、わかりやすい画像や写真が貼り付けているページだと、やはり画像ありのページのほうが目に止まりやすくなります。0.1秒で、「ユーザーにとって有益な情報があるページ」ということを認識してもらう必要があります。これが、読まれるためのノウハウのひとつです。

読まれないページ

わかりやすい例ですが、たまに、このようなページを見かけると思います。これだと、いくら良いことを書いていても、読む気がしません。ほとんどの人は 「もっとわかりやすいページ」へと離脱していきます。そこを、いかに食い止めるために書き方にも注意する必要があります。

開業予定者にオススメ

ショップサーブ資料請求

↑ PAGE TOP