通販ショップを始めよう。現役店長が教える開業運営きほんのきほん

領収書の発行で売上アップ

福沢写真

領収書は直接現金と商品やサービスを交換したときに発行する証明書です。

だから、直接現金を扱わない通販には、関係のない書類です。お店がお客様から代金を頂く方法は、「銀行振込」や「郵便振替」。代金引換は運送会社が代わりに回収してくれますし、クレジットカードやコンビニ決済もカード会社や代行会社が回収を肩代わりしてくれます。すべて関節的です。だから、本来は、領収書の発行は必要ないのです。

でも、なぜか「領収書を発行して欲しい。」という、お客様のご要望は後を絶ちません。ネットショップの領収書についてのノウハウを公開しています。


領収書を発行してほしいお客様の理由

銀行で振り込んだら、その記録は確実に残りますし、代金引換でも領収書が発行されます。クレジットカードも後日明細が届きます。領収書は一切不要なのに、なぜ発行を求めるのか。

例えば、勤めている会社で使うモノを個人のクレジットカードで代わりに購入し、その後、経理部で精算する際に必要になったり、ネット振込の場合、記録はデジタルなので、書類として欲しいと思ったり。理由はいろいろあります。

確かに、クレジットカードも銀行振込も取引一覧はありますが、個別の出金を証明するような印刷方法はありません。個人事業主で、プライベートと事業用の買い物をひとつのカードで支払うことも多いですから、そういった事情もあるのかもしれません。

領収書を積極的に発行して売上アップ

「買い物をしたら領収書を発行してほしい」と思っているお客様が、「当店は領収書の発行を行っておりません。」という記載を見たらどうするか。

あきらめて購入するか、領収書を発行してくれるお店に流れてしまいます。ヤフオクなどでは、「発行しない」という出品者が多いですが、これを「発行します」とすれば、買いやすくなります。たった、それだけの工夫で売上が上がります。

領収書の発行方法

まず、大事なこと。通販では、現金を手渡しで頂くわけではないので、領収書はいらないし、発行しても、それは正式な証憑書類(しょうひょうしょるい)にはなりません。証憑書類とは、取引の証拠となる書類のこと。

領収書といえば、手書きで書く複写式のものが思い浮かびますが、手書きの必要はなく、エクセルなどでテンプレートを作っておき、要望があれば、必要事項を記載してプリントアウトして商品に同梱すればOKです。

記載すべきは以下の6つの事がらです。

  • (1) 日付 (ご入金日や出荷日)
  • (2) お客様名 (ご指定があればそれで)
  • (3) 金額 (改変されない書式)
  • (4) 但し書き (ご指定があればそれで)
  • (5) 支払い方法 (必ず明記)
  • (6) 屋号や会社名 (ショップ名はNG)

(5)の「支払い方法」ですが、飲食店などでクレジットカードで払って領収書をもらってみてください。ちゃんとしているお店なら、必ず「クレジットカード払い」などと書かれます。

もし、書かなければ、「現金払いに対する領収書」になってしまいます。ということは、お客としては、カードで払ったし、現金でも払ったということになります。お店も現金で頂いたことになるわけですが、その現金がないので計算が合わなくなります。

もうちょっと細かい話

実は、正式な領収書の場合、受け取り金額が5万円以上(平成26年から)となると収入印紙を貼る必要があります。でも、通販の場合、代金引換で5万円以上100万円以下の商品を販売した場合、印紙税は運送会社からの回収代金の振込の際に差し引かれます。だから、金額に関係なく印紙を貼る必要はないわけです。

ですので、安全に発行したい場合は、「領収書」とするのではなく、「ご入金確認書」などとしてしまうか、金額入りの納品書に「領収済」のゴム印などを押す方法があります。ただ、この辺の細かいことについては、税理士や人によって見解が異なると思いますので、詳しくは専門家に聞いてください。

開業予定者にオススメ

ショップサーブ資料請求

↑ PAGE TOP