本気のインターネットショップ開業派
ホーム - 初めての方へ - カートを見る/清算 - お問い合わせ  
info2015
space


トップ > ネットショップの運営 > 知識やノウハウ > ネーミング・テクニック

ネーミング・テクニック

ネットショップ名に始まり、屋号や会社名、商品名、サービス名に至るまで、ちゃんとネーミングするかしないかで生死が分かれるほど、ネーミングはマーケティングや販売において重要なポイントです。ネーミング次第で、簡単に売り上げがドカンと上がれば良いのですが、「そうは問屋が卸さない」です。業種や商材によっては、ネーミングが必要なかったり禁止されいたり様々ですので、状況に応じて対処するのが良いでしょう。とにかく、ひとつ言えることは「考えた者勝ち」と言うことです。

ネットショップ名

「初めてのネットショップ。ショップ名はどんなのにしようかな〜?かっこいいのがいいかな?いや、かわいらしいのがいいかな?」なんて、ありがちな話ですが、この発想自体が、実はトンデモナイ間違いの始まりです。

実店舗のお店なら、店頭に大きくラーメンと書いておけば、店名があろうがなかろうが、関係なくラーメン屋と分かります。犬や猫がゲージに入っていればペットショップだとわかります。でも、100%デジタルデータでできているネットショップの場合は、事情が異なります。

ご存知の通り、ネットショッピングでは、お客さんの大多数は検索してお店にやってきますから、主要キーワードが店名に入っているほうが、断然集客力が上がります。ただし、現在は、ショップ名にキーワードが入れたからと言って強力な集客力になることは少なく、総合的に集客力を高めるうえでの基本テクニックです。

だからと言って、自由なショップ名を付けても、ただの自己満足です。ネットショッピングをするお客さんにとって、「販売店名」は、「次の検索の手がかりのひとつ」になります。「アレをまた買おうと思うけんだけど、お店の名前何だったけ???」と考えます。

販売商品やコンセプトに関連のない、店主の独りよがりの名前をつけようものなら、思い出してもらえるわけもありません。ましてや、聞いたこともない造語なんか絶望的です(管理人も失敗経験者)。ショップ名は、「店主のためのもの」というよりは「お客さんのためのもの」という視点で決めるのが良いでしょう。

「この前は楽天で買ったんだけどさ!」なんて言うお客さんは、明らかに以前利用したお店の名前なんておぼえてなくて、再検索でこちらのお店に流れてきたわけです。これはわかりやすく、ありがたい例ですが、逆のパターン(以前は自分の店で買ったけど、次は別の店)は、顧客の流出です。こちらでは把握できないので怖い部分です。売り上げアップの方法はいろいろありますが、顧客の流出を防ぐのも、売り上げアップ対策のひとつであることを忘れたくないですね。


商品のネーミング

商品のネーミング・テクニックの参考事例は小林製薬でしょう。小林製薬ほど、優れたネーミングでヒットを出し続ける企業はないのではないでしょうか。例えば、消臭元。商品名を見ただけで特性が分かります。「糸ようじ」「お風呂でホットチャージ」「ガスピタン」どれも、「その名前しかない」くらい正解のネーミングです。

ネットショップの場合は、メーカーの既成品を販売することが多いので、元の商品名は変えられないかもしれません。でも、あまりにイケてない商品名の場合は、メーカーの許可さえ得られれば、変えて販売することもできます。オリジナル商品の場合は、優れたネーミングの商品を参考に名付けると良いです。

その際に気をつけるのが、「検索ユーザー」です。小林製薬のように、いくら優れたネーミングを思いついても、お客さんに見てもらえなければ、売り上げは0円です。ですから、ネットショップの商品名は集客を兼ねたネーミングをするのが理想的です。つまり、商品名にキーワードが入っていることです。キーワードも考慮しながら、発したときの音であったり、受ける印象なども合わせて考えていきます。



TOP| ネットショップ開業方法| ネットショップの仕入れ| ネットショップの作り方| 運営| メルマガ| ブログ
ショッピングカートCGI| レンタルサーバー比較
当サイトは、さくらインターネットのサーバーで快適運用しています。

当サイト内の記事や写真、文章などすべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。
Copyright(c) 2005-2017 本気のインターネットショップ開業派(Netshop7.com) All Rights Reserved.