通販ショップを始めよう。現役店長が教える開業運営きほんのきほん
ホーム > ネットショップの運営 > ネットショップの集客方法 > 懸賞プレゼント・モニター募集で集客

懸賞プレゼント・モニター募集で集客

懸賞プレゼントやモニター募集で集客

ネットショップの集客テクニックの一つとして過去によく使われていたのが懸賞プレゼントやモニターの募集する方法です。確かに、昔は多少の効果はあったのですが、今はもう古びた方法になってしまいました。

なぜなら、懸賞やモニタ募集ーで集めた人は、あくまで、商品をタダでもらえることに喜びを感じる人たちだからです。タダ希望の人たちに有料を提示しても動くわけがありません。昔は、わりとお客さんになってくれた場合もありましたが、今は、「もらいたい人」率がより顕著になってしまいました。


懸賞プレゼントの活用方法

例えば、「化粧品を100人にプレゼント」として、懸賞サイトに登録すれば、何百人、何千人の人が応募してきます。応募フォームには「メルマガを希望しますか?」という項目を設けていて、メールアドレスを入手します。

当選者を選出した後も、メルマガに登録してくれた人宛に、いろいろなメルマガやダイレクトメールを送信して、購入へと導こうという方法です。

ただ、「もらいたいだけの人」率が非常に高いので、メルマガには興味をしめしません。応募する人は、いろいろなプレゼントに応募するわけですから、何十通、何百通というメルマガの嵐に晒されるわけですから、読もうにも、完全に埋もれてしまいます。そういった意味では、ほとんど効果を成さない手法になってきたと言えます。

モニター募集で集客

モニター募集は、プレゼントとは少し異なり、商品を無料でプレゼントする代わりに、使用感やレビューなどの提出をしてもらいます。モニター募集のほうが、ただのプレゼントよりは、何かと使えます。

モニターを募集したからといって集客力が急激に伸びることはありませんが(アクセスは一時的に増えるだけ。注文は入らない。)、「使用感」や「レビュー」をもらえるという点を考慮すると、新商品のレビューを書いてもらうなどには使えます。

ただし、モニター募集も「もらいたいだけ」の人が多いので、その中から、以下にレビュー作成に強力してくれる人を見つけるかがポイントになってきます。

効果的な使い方の裏ワザをひとつ伝授します。例えば、応募フォームで、「ブログ」「FACEBOOK」「Twitter」「Instragram」をやっている人限定としてしまいます。そして、「記事に商品レビューを写真付きで紹介してくれる方」といった条件をつけておきます。

そうすれば、応募者はかなり絞られる上、ブログを日頃書いている人はレビューもさくさく書ける人が多いので、レビューもさっと集まります。さらに、ブログからリンクも貼ってもらえればSEOの効果も期待できます。

懸賞プレゼント、モニターが募集できるサイト

検索すればいろいろ出てくるかとは思いますが、次の有名サイトを数サイト利用するだけで十分でしょう。多く使ってもユーザーがかぶっているので、実質的な増加は期待できません。

チャンス・イット
このドメイン名(chance.com)を見てもわかるように、1994年スタートの超老舗サイト。比較的多くの応募があります。
懸賞のつぼ
こちらも老舗で1998年開始のサイト。そこそこ応募がある。管理人は有料サービスを使ったこともあったが、結果は惨敗。
モニット
またまた1999年スタートの老舗モニター募集サイトチャンスや懸賞つぼほどではないが、ぼちぼち募集がある。
サンプルファン
開設は2003年と比較的新しい。アフィリエイトのA8.netが運営元。大手のモニターやサンプルの募集が目立つ。掲載には審査あり。

開業予定者にオススメ

ショップサーブ資料請求

↑ PAGE TOP