通販ショップを始めよう。現役店長が教える開業運営きほんのきほん
ホーム > ネットショップの運営 > 販売テクニック > 商品名を勝手に変えて販売

商品名を勝手に変えて販売

商品名を勝手に変えて販売することに関しては賛否両論があるようです。また、法的に問題があるかどうかは、わかりかねますが、実際に使っているテクニックを紹介しておきます。

当管理人の業界では普通に通用しているのですが、業界によってはメーカーからクレームが出たり、損害賠償を請求されるかも知れないので、自己責任にてお願い致します。

※ネットショプ成功事例無料パンフレット配布中

商品名を勝手に変えられる条件

管理人の業界では、メーカーは良い製品を作るのに、ネーミングセンスが非常に残念なケースが多く、ネット販売用に適したネーミングに変更して販売することが多いです。

そのような製品の大半は、パッケージにも製品本体にも商品名が刻印されていません。また、製品名そのものがなかったり品番さえない商品は、好き勝手にネーミングしてオリジナル商品にしてしまっています。

逆に、パッケージにも本体にも製品名があったり、かなり広く認知されている商品の場合は、勝手な変更は難しいですので、商品名の前後に、別のネーミングをして、実際の商品名は目立たなくしてしまいます。

商品名を変える理由は2つ

商品名を勝手に変える理由は2つです。

1つ目は、「売れやすいネーミングにしたい。」という、マーケティング上の理由です。上にも書いたように、売れる製品を作るメーカーが、必ずしもネーミングがうまいとは限りません。小林製薬のように、一流のネーミング力があれば良いのですが、大半のメーカーは、残念なネーミングをしてしまっているのです。それどころか、せっかくの良さを台無しにするようなネーミングをしてしまうことがあります。困ったもんです。

2つ目は、お客さんが、安売りのライバル店へ流れないようにするためです。たまたま検索して見つけた商品。「もっと安いお店はないか?」と製品名をコピーして再検索するのは、もはや一般的です。他店と同じ商品名にしていれば、簡単に安く売るライバル店が見つかります。でも、ネット上にひとつしかない商品名を付けておけば、お客さんは最安値店を探そうと思っても手がかりがないわけです。これは品番でも同じです。

そう考えると卸しサイトも使える

ネッシーなどは、「卸しサイト」と謳ってはいますが、実際、利益の取れる「本当の卸価格」で販売されているケースは少ないですね。でも、知名度がほとんどないような商品や製品自体に品番やバーコードが印字されていない場合、正式な商品名を調べることは不可能です。

そうなれば、ほとんどオリジナル商品として販売することができます。そうしたなら、卸価格が多少高くても、利益の取れる価格に変更して売ることもできるのです。もちろん、販売価格が自由に決められると言っても、消費者のニーズとマッチしない価格を付けてしまっては意味がないですが。

※実際の変更例
ネッシー卸値6500円、市場価格8000円→品名を変えて販売価格を9,800円にアップ!利益率もアップ!

ま、こういたことをやることに心理的な抵抗のある方には無理だとは思いますが、これも販売テクニックのひとつなので紹介しておきます。

ちなみに世の中には、商品名は違うけど、中身は同じモノって結構出回ってますよね。

開業予定者にオススメ

ショップサーブ資料請求

↑ PAGE TOP