通販ショップを始めよう。現役店長が教える開業運営きほんのきほん
ホーム > ネットショップの作り方 > 基礎知識 > モール店と本店の違い

モール店と本店の違い

モール店と本店の違い

ネットショップを始める場合、どのような出店方法を選ぶかによって成否が別れることもあります。商材や販売方法にあった出店方法を選ばないと、「全く売れない」なんてことが起きてしまいます。開業前の基礎知識として、モール店と本店の違いを知っておいてください。

※ネットショプ成功事例無料パンフレット配布中

モール店

モール店とは、ショッピングモールに出店している店舗のことです。イオンモールなどに行けば、たくさんのテナントが入っています。ネット上では、楽天やヤフーショッピングというショッピングモールがあります。

モール店の特徴は、簡単に言えば、出店するだけでお客さんが集まってくる点です。また、モール内で検索したときに、簡単に価格の比較ができたり、在庫のない商品は検索結果の後ろに追いやられたりといった仕組みがあります。

客層については、ビールを買いたい人がスーパーに買いに行くイメージです。普段ヤフー検索がメインで、ショッピングと言えばヤフーしか知らないような、ネットショッピングに不慣れな消費者も多いのも特徴と言えます。

本店

ショッピングモールには属さずに、ドメイン(オリジナルの住所)を取って、オリジナルの店舗を構えるスタイルです。自社サイトと言ったり、単独ショップ、独立型ショップなどと言うこともあります。

本店の特徴は、郊外の住宅地にレストランを開くような感じです。オープン当初は、誰も知りませんから、チラシを作って広告を出したり、ポスティングをするなどしてお店の存在をアピールしていくのと同じです。

ショッピングモール(大家)からの制限がないので、自由に店舗作りができるので、こだわったデザインや運営方法ができます。顧客情報も自社のものとして蓄積できます。楽天の場合は、自分の店が販売した客であっても、その顧客情報は楽天の所有になります。

本店の客層は、Googleやヤフー検索から情報検索をしてやってくる、ネットショッピングに慣れた人が多いです。ショッピングの経験も多いためにマナーも良いことが多く購入単価も高い印象です。

費用面

楽天の場合、最も安いプランで月額約2万円の年間一括払いです。出店時に少なくとも24万円以上の費用がかかります。これを高いと取るか安いと取るかは、出店者それぞれです。

本店の場合は、スタンダードな通販システムのショップサーブで月額12,000円程度です。年間では15万弱になります。広告費を一切かけなければ15万円で済みますが、通常は広告を出しますので、月額の費用はプラス1万円~で見ておくと良いでしょう。

どちらを選らぶのが良いとか悪いとかはありませんが、それぞれの特徴をしっかり理解してから出店申し込みをします。

例えば、商品点数が�5万点あって、浅く広く販売するような場合はモールが向いています。でも、こだわりワイン、こだわりの日本酒、こだわりの家具など、「こだわり」がある場合は、集まってくる客層を考えると本店のほうが向いています。

システム面

モールも本店も、CMSというウェブ上でお店を運営していくシステムが取り入れられています。そのため、パソコン上で、ホームページソフトを立ち上げたり、受注管理ソフトを立ち上げたり、あるいは、印刷用ソフトを立ち上げたりなど、パソコンソフトに頼る割合が低いです。

また、楽天は、パソコンが苦手でもわりと簡単に店作りができます。でも、ヤフーのプロフェッショナル出店の場合は、HTMLなどある程度の知識やスキルがないと店作りができません。ヤフーは出店無料ですが、無料だからと大勢が出店しましたが、店作りができず退店する店も非常に多くなっています。

本店運営によく使わるショップサーブの場合は、その中間といった感じです。全くパソコンができない人には無理ですが、それほど高度なスキルが要求されるわけでもありません。50を過ぎたオジサンでも使いこなせています。

ネットビジネスの実力をつけるなら本店から

余談になるかもしれませんが、ネットビジネスのスキルを身につけるなら本店の立ち上げがおすすめです。と言うもの、楽天ショップで何年もやっていた人が本店を始めるとき、あまりの知識やスキルのなさに驚いたことがあります。

ネットショップ運営上知っていて当然の専門用語(サーバーやワードプレス等)言葉を知らなかったり、初歩レベルの作業さえもできないことがあります。それが悪いとは言いませんが、楽をしすぎて実力がつかないというのは残念な話です。

本店ショップを立ち上げる場合は、ネット上の住所であるムームードメイン(mumu domain)などで、ドメインの取得から始めます。そして、お店作り、運営と進みますが、本店のネット販売を実践することで身につくビジネス・スキルは、リアルでも十分に応用が利きます。また、専門用語もいろいろとおぼえると、異業種の人との会話も楽しめます。

開業予定者にオススメ

ショップサーブ資料請求

↑ PAGE TOP