通販ショップを始めよう。現役店長が教える開業運営きほんのきほん
ホーム > ネットショップの作り方 > 基礎知識 > テキスト・画像・動画

テキスト・画像・動画

ネットショップも含め、すべてのウェブサイトは、おおまかに3つのデータからできています。

  • 1.テキスト
  • 2.画像
  • 3.動画

テキストとは、キーボードを打ったら、すぐに画面に現れる文字や記号のことです。画像(イメージ)とは、デジカメはスマホで撮影した写真であったり、ソフトで作ったり、素材サイトからもらってきたイラストなどです。画像には静止タイプとアニメーションタイプがあります。

動画はご存知、youtubeなどで見れるやつのことです。最近は、動画を取り入れるネットショップも増えてきました。では、もうちょっと詳しく見ていきましょう。

※ネットショプ成功事例無料パンフレット配布中

テキスト

パソコンやスマホのキーボードを打って書く文字のことです。

LINEや携帯メールで打つときの文字も「テキスト(文字)」と言います。でも、LINEのメッセージ内に入れることのできるemojiなどは、テキストではなく画像です。テキストの特徴はその場で入力したものが、そのまま完成品ということです。

emojiもある意味完成品ですが、「同じものをその場で作れ」と言われても作れません。emojiを作ろうと思えば、専用ソフトで作る必要があります。完成するまでに作成の工程があります。

画像

画像と言ったり、イメージと言ったり、写真と言ったりします。以下のような画像は写真とは言いません。バナー画像と言います。バナーとは広告的な内容が書かれた画像のことです。

バナー画像

画像はキーボードを打って作ることはできません。写真の場合は、デジカメやスマホから取り込めば良いのですが、このようなバナーはソフトを使って作る必要があります。下の画像のように、お絵かきソフトではありませんが、イラストソフトで簡単に作ることができます。

バナー画像作成風景

画像が重いだの軽いだのといいますが、これは使っているデータの量です。大きさが大きかったり、使う色が多いと、データも多く使うので重くなります。でも、単色で小さい画像なら使うデータは少ないので軽いということになります。

必要以上に大きな画像を使うと、表示するのに時間がかかるので、お客さんには不便です。元のデータが大きければ、写真編集ソフトなどを使って、最小限の大きさに加工します。

画像の種類

画像にはいくつか種類があります。「ジェイペグ(jpeg)」と言う言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、写真に多い形式です。その他、gif(ジフ)やpng(ピング)といった形式もあります。ほかにもたくさんありますが、ネットショップで使うものは、この3種が中心です。また、どの種類の画像をどのように使うかは自由です。

でも、商品写真の場合は「ジェイペグ」が多く、その他のバナーやイラストなどはJpeg(ジェイペグ)gif(ジフ)やpng(ピング)などが使われます。特に最近は、イラスト系の画像はpngが使われることが多いです。下の画像は上から、jpeg、gif、pngと並んでいますが、見た目にはわかりません。よく見るとgifは、他に比べるとやや粗いのが特徴です。

jpeg
gif
png

動画

youtubeやビデオカメラで撮影したものが動画です。動画にもいろんなタイプがあるのですが、最も主流なのはmpeg(エムペグ)や、wmv(Windows Media Videoの略)という種類です。ネットで動画を使うときは、これらの形式にして使うことが多いです。

動画も、「動画編集ソフト」を使えば、切ったり貼ったり、文字をつけたり、簡単にオリジナルの動画が作れます。Windows7ならムービーメーカーというソフトが入っています。Window10はマイクロソフトのホームページから無料でダウンロードできます。

開業予定者にオススメ

ショップサーブ資料請求

↑ PAGE TOP