通販ショップを始めよう。現役店長が教える開業運営きほんのきほん
ホーム > ネットショップの開業方法 > Q&A > クレジットカード決済はあったほうがよい?

クレジットカード決済はあったほうがよい?

クレジットカード決済

はい。あったほうが良いです。2016年7月、あらためて当店の注文情報の支払い方法の統計を取ってみました。

注文100件のうちクレジットカードは33%、つまり33人ののお客さんが利用していました。代引きの47人についで第2位です。 銀行振込は3人、コンビニ3人、後払い4人、その他10人という感じです。

支払い方法の割合は、お店を利用するお客さんの年齢層などによって異なりますので一定ではありません。高齢者の多いお店だと代引きや銀行振込が増えますが、若い人が中心だとやはりクレジットカードは多いです。


メリット多く、デメリットは少ない

クレジットカードでの注文は、注文完了と同時に「支払い完了」となる点です。銀行振込のように、永遠に振り込まずキャンセルになってしまったり、代引きで出荷したけど「受取拒否」になったりすることが、基本、ありません。支払いがほぼ確定するので、お店としては商品を出荷するだけで済みます。

代引きや銀行振込の場合は、手数料はお客さん負担ですが、なぜかクレジットカードの手数料はお店負担というのが常識になってしまっています。それでも、せいぜい3%~5%です。メリットを考えると、決して高くない手数料と言えます。

当店でも、カード決済を導入していない時期に「クレジットカードが使えないなら注文しない!(だってポイント貯めてるんだもん!)」なんてお客さんもいましたが、クレジットカードの便利さを知っているお客さんは、カード決済がないと困ります。

今は、個人でもクレジットカード決済が使える

クレジットカード決済を導入するには審査があるので、「難しそう」というイメージがあるかもしれませんが、販売商品に問題があったり、申込者に問題があったりしなければ、個人でも副業でも審査は簡単に通ります。ネットショップは今は副業派がほとんどですから、いちいち個人NGにしているとカード会社も儲かりません。

開業サービスのショップサーブも手数料が安くて有名ですが、1、2週間で何の問題もなくパスしていまいました。書類を山のように準備しなければいけないということもなく、管理画面から必要情報を入力して、後は審査パスのメールを待つだけです。審査に通れば即日使うことができます。

まずは、申し込みです。この段階では別に何も知らなくてもOK。とにかく申し込むだけです。よほど問題がない限り、審査は通ります。サラリーマンでも主婦でも関係ありません。

※ネットショプ成功事例無料パンフレット配布中

カード決済利用の流れ

当店が利用しているショップサーブを例にとって、カード決済での注文が入ったときの処理方法を簡単に説明します。審査に通るとメールで「審査に通りました」とメールがきます。その知らせが来たら、管理画面内の決済編集の箇所で、クレジットカード決済を「表示する」に替えて「変更」ボタンを押します。

カード決済

これでネットショップのショッピングカートの支払い方法でカード決済が使えるようになります。

その後、注文が入った場合は、該当の注文にチェックを入れて「決済依頼」を押すだけです。これだけで、お客さんから売上を頂いたことになります。商品を出荷して、発送連絡メールを送って終了です。簡単でしょ?

カード決済処理

カードで支払われた代金は、1月分まとめて翌月に指定の銀行口座に振り込まれます。(有料で「スピード入金」というオプションもあります。) この時、基本的に振込手数料が引かれるのですが、振込先が楽天銀行だと手数料が無料になります。

開業予定者にオススメ

ショップサーブ資料請求

↑ PAGE TOP