通販ショップを始めよう。現役店長が教える開業運営きほんのきほん
ホーム > ネットショップの開業方法 > Q&A > 副業で始めたほうが良いの?

副業で始めたほうが良いの?

副業でネットショップを始める心得

もちろんです。副業からのスタートが良いです。これが15年以上も前の2000年頃なら「脱サラしてネットショップを起業する。」なんて話もめずらしくなかったですが、今は、そんな危険なことをする人はほとんどいません。

あくまで、本業のかたわら片手間で始めるのが鉄則です。そして、その副業が大きくなれば本業に切り替えて、これまでの本業を辞めるなりそのまま続けるなり、本業を副業扱いに格下げするなり自由にすることができます。

もちろん、大きくせずに、副業は副業としてしっかり稼いでいく道もあります。どちらを選らぶのも個人の自由ですが、リスクをできるだけ少なく始めるのが鉄則です。

副業で始めるための3つの心得

副業でネットショップを始めるには3つのことを心得ておくと良いでしょう。

  • 1.時間の意識の変更
  • 2.金銭感覚の変更
  • 3.自己イメージの変更

1.時間の意識の変更
日24時間です。これは赤ちゃんでも大企業の社長でも同じです。この平等にあたえられた時間を資産とかんがえられるかどうかが決め手です。

給料日にATMに並ぶとか、わざわざ混んでいる時間帯に出かけるとか、もってのほかです。非効率な時間の使い方からは卒業する必要があります。どんなことでも常に「もっと早くできないか?」と考えるくせをつけます。

2.金銭感覚の変更
金銭感覚は自分の収入や付き合っている人の影響などを受けます。主婦なら卵1パック300円を高いと感じます。でも、販売者の立場になったときは、人に高いを言われる商品を、いかに安く感じさせるかというこを考えます。

副業で本業以上の報酬を稼ぐことに罪悪感を感じてしまうと、そこ止まりになってしまいます。「今の本業は仮の仕事で、そのうち副業にするから。」くらいの勢いがあれば良いです。

3.自己イメージの変更
セルフイメージとも言いますが、学生だと「私は学生だ。」という意識を持っています。そのようなイメージのままビジネスをやるのではなく、ビジネスの場合は、まるで企業の社長になったかのような意識に変更します。

よく主婦が副収入が欲しいので副業ネットショップを始めるのですが、主婦意識のままやってしまうと、「こんな送料を取ったら申し訳ない。」とか「この値段では高すぎる。」など、 お人好しの性格で利益を薄くしがちです。そこは、しっかり、「顧客に満足を与えながら最大限の利益を得る」という思考で運営します。ある意味役者になる感じですね。

時間の作り方

朝の7時から晩の23時まで会社に拘束されて働いている人は副業は無理でしょう。土日の大半も平日の疲れを癒やすために使われてしまいます。

でも、小さい子を持つ主婦など、早朝のバタバタをこなしパートに出て帰ってきても午後3時4時、子どもたちが帰ってくるまでの3~4時間などは格好の副業タイムです。OLなどは17時18時には仕事が終わる人が多いですから、夜間は副業スペシャルタイムです。

副業するためには、そのための時間の確保が必須です。 以下のチェックリストなどを見ながら、時間という資産の無駄遣いを総ざらいしてみてください。

  • □寝すぎてないか?
  • □朝の支度に無駄時間はないか?
  • □化粧タイムは短縮できないか?
  • □買い物時間を削減できないか?
  • □ぼぉーっとテレビを見ていないか?
  • □無駄にスマホをいじってないか?
  • □移動時間をぼーっとしていないか?
  • □付き合いたくもない人と付き合っていないか?
  • □通販で買えるものをわざわざ店舗まで買いにいってないか?
  • □ネット振込できるのに銀行にいっていないか?
  • □給料日にATMに並んでいないか?

そもそもお金の無駄遣いしていない?

副業で始める人の多くはプラスアルファーのお小遣いを目指す人です。今の収入ではもの足りないから、もっと欲しいと考えてサイドビジネスを始めるわけです。でも、月1万円の無駄遣いをやめたら、副業をすることなく、使えるお金(可処分所得)は1万円増えます。

支出面でも無駄がない人は良いですが、周りを見ると、副業をしている人、していない人かかわらず、相当な無駄遣いをしています。スマホ代なんか最たる例です。月に1万円近く払っている人まだまだいるんじゃないでしょうか?今(2016年)のスマホ代は安い人は月額500円です。高くても3000円ほどです。

ある人は、某携帯キャリアの必要もないサービス(契約時に「初月は無料だから」と加入させらてしまうやつ)に何十件も入っていて、それに気づかず毎月12000円ほど払っていました。何年も。あらためて、不要なサービスを全部解約したら月額6000円になったと言います。これでも超高額料金ですが、スマホ代で必要もない費用を垂れ流している人は多いです。

他にも、N○K、ケーブルテレビ代、保険料(生命保険、自動車保険、火災保険、健康保険)、使ってもないサービスの会費など、見なおせば、月額2万3万増やすのは簡単です。知らないって怖いですね。

開業予定者にオススメ

ショップサーブ資料請求

↑ PAGE TOP