通販ショップを始めよう。現役店長が教える開業運営きほんのきほん

運送会社と契約を結ぶ

佐川急便

物販業において、小物などでメール便を利用できない大きさや重さなら、運送会社と契約するのが一般的です。

その都度、現金払いで発送するのもひとつの方法ですが、契約することで「代金の後払い」「一般運賃より割安な送料」「集荷に来てくれる」「利用実績が積み重なってくると運賃の交渉ができる」などのメリットがあります。

特に、代金引換は契約なしでは利用できません(ゆうパック除く)。代金引換(ヤマト運輸の場合は「コレクト」)も合わせて利用するなら、あらかじめ契約を結んでおくのが望ましいでしょう。


運送会社との契約をする方法

運送会社との契約はとても簡単です。まず、最寄りの「営業所」に電話をし、「御社の利用を検討している。営業担当者をよこしてくれ。」と伝えれば、後日都合の良い日に営業担当者が訪問してくれます。

そこで、商材(商品の種類)や梱包時の大きさ、おおよその月間出荷数等を伝えれば、さらに数日後、見積書を持ってきてくれます。その見積書を見て、その運送会社と契約するかどうかを決めます。 送料を安くするためには、通常、複数の運送会社に見積もってもらいます(これを相見積【あいみつもり】という)。そしてもっとも有利と思える業者と契約します。

下の画像は佐川急便の見積書です。このように、基本的には、全国一律ではなく、都道府県別と重量別の料金が提示されます。

佐川急便の運賃見積もり表

なお、契約時に必要なものは、一般的には印鑑(個人印でOK)と銀行口座があれば十分です。さらに、個人名での契約の場合ことが進みにくいことがあるので、できるだけ屋号【やごう】(事業を行うための商号)を用意しておきましょう。(※参考 屋号の決め方

契約が完了すれば、正式な運賃表がもらえます。写真は管理人が創業時に契約をした佐川急便の運賃表です。店長、課長、係長、主任、担当者と5つも印鑑が押されています。最安値300円!他の運送会社が腰を抜かしそうな激安運賃を提示してくれました。

佐川急便運賃表

契約のメリット!

運送会社と契約するメリットのひとつが梱包袋を安く分けてくれるという点です。段ボールは無償でくれることはありませんが、封筒(小~大)などは、言えばまとめてもらえます(運送会社により1袋10円など、有料の場合がある)。無地ではなく運送会社のキャラクターなどが印刷されていることが多いようです。

佐川急便バッグ

また、定期的に出荷していれば、呼ばなくても来てくれます。ドライバーと仲良くなれば、出荷時間などの調整をしてくれたり、 その他のことを融通してくれたりなど、何かとお得なことはあります。また、毎回運賃を払うのではなく、月末にしめて、まとめて後払いなので助かります。

佐川急便

運送会社一覧

メジャーな運送会社は限られていますが、最近はエコ配やはこブンなど、様々な企業が算入してきているの、できるだけ多くの企業の情報をみて、もっとも有利な料金体系を選ぶようにしましょう。

メジャーな運送会社

  • ・ヤマト運輸
  • ・佐川急便
  • ・西濃運輸
  • ・福山通運
  • ・日本通運(ペリカン便)
  • ・日本郵便(ゆうパック)

その他、愛知県を中心に東海地方なら名鉄運輸や、北陸ならトナミ運輸なども全国の宅配に対応しており、その他にも運送会社があるので、もっとも利用しやすい業者を選べば良いでしょう。

2015年~の運送業界事情

ヤマト運輸、佐川急便、ゆうぱっくなど、大手う運送会社も常に競争を繰り広げています。かつては、「安い運賃」の代名詞だった佐川急便も、amazonから撤退したり値上げを行ったり。また、ヤマト運輸も値上げや企業からの個人宛て配送から手を引いていったり、他の運送会社然りです。何かと騒がしい業界になっているようです。詳しくは、「ヤマト運輸 値上げ」などGoogleで検索してみると、たくさんヒットする記事があるので、そちらも参考にしてください。

※ネットショプ成功事例無料パンフレット配布中

開業予定者にオススメ

ショップサーブ資料請求

↑ PAGE TOP