通販ショップを始めよう。現役店長が教える開業運営きほんのきほん
ホーム > ネットショップの開業方法 > Q&A > ECショップに就職してノウハウとコネを作るには?

ECショップに就職してノウハウとコネを作るには?

利益率の高い商品

「いきなり起業するのも不安なので、一度ECショップを運営する会社に就職してノウハウやコネを作るのはどうだろうか?」といった疑問です。 就職は、将来の独立のためと位置づける人は、EC関連にとどまらず、あらゆる業界で見られます。ただ、ECショップの場合はどうでしょうか。 (ECショップネットショップですが、せっかくなので「ECショップ」という言葉を使います。)


ノウハウはネットにある

まず、ノウハウですが、高度なシステム構築やプログラミングなどのジャンルを除けば、ネットショップ運営ノウハウについては、ほぼネットに出尽くしています。もちろん、それぞれのECショップに独自の非公開ノウハウもあります。

開店や運営に必要なノウハウは、ほぼネットや書籍から得られるわけですから、わざわざEC会社に就職しなくても良いのではないか、と個人的には思います。ただ、「実務経験を積む」という点では賛成しますが、必ずしも、自分が希望した部署や職種をやらしてもらえるとは限らないですからね。

ま、これは小規模な普通のECショップの話で、サイバーエージェントやカヤックなど、「資本も技術も人材も豊富な会社に就職して、独立するんだ」といった次元で考えている人は、この限りではないです。

コネの作り方

例えば、普通の物販ショップの場合、付き合う人や企業は、仕入れメーカーであったり、会計士や社労士程度です。それ以外の人脈はあまり必要ではないです。

仕入先を開拓するためにECショップに就職しても、退職するときに、「今後○年間は競合する業界で事業をしないことを約束します。」とか、そういった念書を書かされたりなど、暖簾分け的に送り出してくれるECショップは少ないのではないでしょうか。

ネットは広いようで狭く、ライバルが増えれば増えるほど、自社の売上が減るわけですから、飲食店など商圏のあるビジネスと比べると、その辺りはシビアに考えている創業社長も多いと思います。

でも、やっちゃったケース

そういうことを考えて実際にやった人がいるんです。ネットショップAに就職して、一通りのスキルを身につけたらから、そのショップと同じ業界で新たにネットショップBを立ち上げようとしたわけです。

ネットショップAにいた時の仕入先に、「独立したので仕入れたい」と話に言ったら、「うちは、Aの社長だから取引してるんだよ。新規の方はお断りよ。」とあっさり断られたそうです。

小さな業界は、このような人間的なつながりを重視することが多いので、「ただ知っている」だけで「コネができた」と勘違いして失敗する人も多いようです。

サラリーマンの世界も似たようなものですね。「一流会社Cという看板背負ってたから取引させて頂いていたんです。看板を外して、独立してあなたと取引するメリットはありませんが、何か?」みたいな。

※ネットショプ成功事例無料パンフレット配布中

開業予定者にオススメ

ショップサーブ資料請求

↑ PAGE TOP